米Microsoft、「Virtual PC 2004」の無償提供を開始という記事より。

今回無償提供が開始されたVirtual PC 2004は、メインとなるホストOS環境上でバーチャルマシンを介してゲストOSを実行し、1つの物理的なマシンで複数のOS環境を動作させることを可能にするソフトウェア。

なんと「Virtual PC 2004」が無償で提供されることになったそうです。

一つのPCの中に違う環境を構築することができますので、例えば古いOSであるとか、違う開発環境であるとかいったものを構築可能です。

「ユーザー獲得のためにローエンドの製品ラインを中心に無償化を進めるベンダーも増えている」ということで、Microsoftの「Virtual PC 2004」無償化もその対策なのでしょうね。

Microsoft Virtual PC 2004 Service Pack 1よりダウンロード可能です。

またマイクロソフト、「Virtual PC 2004」日本語版を無償公開ということで、日本語版も無償化されています。こちらはダウンロードの詳細 : Virtual PC 2004 SP1からダウンロード可能です。