SketchUpの魅力に迫る - 3Dモデリングにスケッチ工程を生み出した意義という記事より。

米Googleが3Dソフト「SketchUp」を買収し、手中に収めたのとのニュースには、本当に驚いた。日本ではそれほどメジャーではないソフトだったので、まさかあれほどの大手が目をつけるとは思わなかった。

Googleが「SketchUp」というソフトを買収し、それを「Google SketchUp」として無料で公開したのは記憶に新しいところです。

とはいえ、Googleがリリースした「Google SketchUp」ってなんだろう? と思っている人も多いかもしれません。そんな人はこの記事を読んでみることをお勧めします。

「Google SketchUp」は、

SketchUpとは、建築物のモデリングに特化した3Dソフトである。鉛筆でサラサラとスケッチでもするかのように、建築物などの3Dモデリングを直感的にできてしまうソフト

と説明されています。

レビューで使われている画像が、Mac版ぽかったので、あれMac版もリリースされた? と思ってサイト見たところ、やはりまだ「Coming Soon」でした。レビューで使われているのは、495ドルの製品版「SketchUp Pro 5」のようです。

ちなみに有償版は書き出して他のソフトと連携できるようですが、記事では、

書き出し機能で私がもっとも注目したのが、「Adobe Illustrator」への書き出しだ。この場合、ファイルはネイティブのai形式ではなく、eps形式で書き出すことになる。これだけで有料版に踏み切る人もいるだろう。

と、そのアドバンテージを説明しています。

記事にもある通り、Googleとしては「Google Earth」との連携がポイントだったりするのでしょうね。

たとえば、単に一軒のマンションを作る仕事だったものを、都市計画とリンクしてプレゼンができる。作成した建築物データをGoogle Earth上で実際の計画地におき、交通機関とのアクセス、公共などの施設へのアクセスや、及ぼす影響を説明することができる

などの使い方と共に、具体的にGoogle Earthと連携した画像が紹介されています。確かにこれはイメージつきやすいかもしれません。