「Skype 2.5」ベータ版が公開。100人まで参加できる音声会議サービスもという記事より。

スカイプ・テクノロジーズ S.A.は、P2P電話ソフト「Skype(スカイプ)」の最新バージョン「2.5」ベータ版およびスカイプ向けの新機能「Skypecast(スカイプキャスト)」プレビュー版を5月3日にリリースした。

Skypecastは、最大100人までが参加できる音声会議だそうです。全員で話すというよりは、数人が話してそれを周りの人が聞いているという感じでしょうか。

SkypeだったらPHS接続でも使えると思うので、ブロードバンド環境がなくても、ちょっとイベントを100人に向けてストリーミング配信するなんていうことも可能なんでしょうかね。

「主催者は参加者の発言をコントロールでき、任意の参加者を退場させることも可能」ということなので、とりあえず聞いていてもらうということはできそうですね。

Skype

■関連記事

「Skypeキャスト」で100人の電話会議

SkypecastsではSkypeを使った電話会議で「ホスト」が司会進行役を務め、発言を希望する参加者に仮想マイクを回したり、音声を消したりすることができる。会議の主催や参加は無料。