アンラボ、「Winnyウイルス」専用駆除ソフトを無料公開という記事。

アンラボは11日、ファイル交換ソフト「Winny」を通じて感染するウイルスの専用駆除ソフトを公開した。

無料ダウンロードが可能で、Windows XP/2000/Me/98に対応しています。

Winnyによる情報流出が止まらないので、このソフトはかなりヒットしそうな気がします。

ユーザーは、同社サイトから専用駆除ソフト「v3antinny.exe」をダウンロードして実行後、画面に表示される「Scan Now」をクリックするとウイルススキャンが開始する。ウイルスが発見された場合は、操作画面上の「Clean All」をクリックすれば駆除できる。

ただ、やはり確実なのは「Winny」を使わないことでしょうね。特に仕事のファイルがあるPCでは。

「定義ファイルは、3月10日までにアンラボが把握したウイルスをもとに作成したもので、今後定期アップデートが行なわれる予定はない」というのも注意が必要です。