米Yahoo!、「Konfabulator」改め「Widget Engine 3.0」をリリースという記事より。

米Yahoo!がデスクトップアクセサリ実行エンジン「Yahoo! Widget Engine 3.0」をリリースした。これは今年7月にYahoo!が買収したPixoriaの「Konfabulator」をベースとしている。

Yahoo! に買収された「Konfabulator」が、「Yahoo! Widget Engine 3.0」としてバージョンアップしてリリースされました。名前は変わったけれど、バージョンは引き継いでいるのですね。

「Yahoo! Widget Engine 3.0」は、Yahoo! Developer Networkに対応しているそうで、

Yahoo! Map Widget(地図検索)、Picture Frame(Flickrに対応した画像表示アプリ)、Yahoo! Search Widget(各種検索)、Yahoo! Mail Widget(Webメール)、Yahoo! Notepad Widget(メモ)など、Yahoo!のサービスに結びついたウィジェットを用意した

ということです。Yahoo! が「Konfabulator」を買収して何をするんだろうと思っていたのですが、確かに地図検索やメモなどのウィジェットからすぐにYahoo! を使えるというのは便利かも。

デスクトップを100%乗っ取る訳ではないけれど、しかしデスクトップの重要な位置を占めている感じがします。

マシンを新しくしてからインストールしていなかったんですが、URLを登録しておくとGoogleのページランクを表示してくれるウィジェットが個人的には便利でした。

■関連記事

米Yahoo!、ウィジェット実行環境の新バージョンを無償配布開始

Yahoo! Widgetはオープンプラットフォームとなっており、サードパーティがウィジェットを開発することが可能だ。Yahoo! Widgetのサイトでは、サードパーティによる2,000種類以上のウィジェットをダウンロード配布している。