フリーなオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 2.0」正式リリースという記事より。

OpenOffice.orgは20日(米国時間)、オープンソースのオフィススイート最新版「OpenOffice.org 2.0」を正式にリリースした。

オフィススイートのOpenOfficeが2.0にバージョンアップです。「Windows 98/Me/2000/XP/Server 2003とLinux x86、8以降のSolaris x86/SPARCに対応したバイナリ(英語版)」が提供されているとのこと。

OpenOffice.orgは、表計算の「Calc」、プレゼンテーションの「Impress」、ワープロの「Writer」など複数のコンポーネントにより構成されるオフィススイート。

Microsoft Officeを購入するほどではないけれど、表計算やワープロをちょっと使いたい、という時には是非「OpenOffice.org 2.0」を試して欲しいところ。ExcelやWordのファイルとの互換性もありますので。

■関連記事

フリーのオフィススイート「OpenOffice.org 2.0」、英語正式版が公開

日本語版については、OpenOffice.org日本ユーザー会によると2〜3日中に公開される見込みだ。