「7月28日以降,一部のソフトウエア製品が正常に動作しなくなる」——IPAなどが警告しています。

情報処理推進機構(IPA)などは7月8日,米Sun Microsystemsの提供するJavaのライブラリ「JCE(Java Cryptography Extension)1.2.1」の一部機能が7月28日以降,正常に動作しなくなることを警告した。

これが原因で「JCE 1.2.1」を使用しているソフトウェアが正常に動作しなくなる可能性があるということです。

調査によると、

米APCのUPS(無停電電源装置)用制御ソフト「PowerChute Business Edition v6.x.x」やインフォテリアの「ASTERIA R2」などが影響を受ける模様

だそうです。無停電電源装置が動作しなくなるのは困りますね。ベンダーのウェブサイトなどをチェックして、パッチなどの対策が必要になるそうです。

ちなみに、JCEは「暗号化や電子署名の機能を提供するライブラリ・モジュール(パッケージ)」だそうです。

「JCE 1.2.1には,その正当性(完全性)を検証できるようにデジタル署名が施されて」おり、その有効期限が2005年7月28日の6時43分に切れることにより不具合が発生する可能性があるんだそうです。

心当たりのある方はご確認を。