Mozillaから派生したオープンソースHTMLエディタ「Nvu 1.0」正式公開という記事。

Nvu 1.0は、HTML 4.01とXHTML 1.0標準規格に完全準拠し、以前のプレビューバージョンに比べてよりきれいなコードを書き出すようになったという。WYSIWYGなHTMLエディタであるため、ワープロと同じ感覚でWebページを編集できる。

Nvu - The Complete Web Authoring System for Linux, Macintosh

オープンソースで開発されているHTMLエディタ「Nvu 1.0」が正式版になりました。Nvuは、Mozilla Foundationが開発したHTMLエディタ「Mozilla Composer」がベースとなっています。

残念ながら現時点では日本語版はありませんが、英語、フランス語、ロシア語、オランダ語などのバージョンがあり、Windowsだけでなく、Mac OS X、OS/2、FreeBSD、Linspireなどに対応しています。Dreamweaverほど高価な製品は必要ないという人に良いかも知れませんね。

■関連記事

Mozilla系Webオーサリングソフト「Nvu」が正式リリース

Nvu 1.0のHTMLレンダリングエンジンには、Firefox 1.0コードベースの「Gecko」を採用、HTML 4.01(Strict/Transitional)およびXHTML 1.0(Strict/Transitional)に対応するなど、標準準拠に配慮した設計が特徴。

MozillaベースのオープンソースHTMLエディタ「Nvu 1.0」正式リリース

NvuはGUI上でHTMLを編集できるWYSIWYGタイプのHTMLエディタ。CSS(Cascading Style Sheet)エディタやFTPによるアップロードなどの機能を持つ。