1億ダウンロードを突破したSkypeの脅威(3)なぜ無料? どうして音がいい? 秘密はPtoPにありという記事より。

「これほど音質の良いIP電話ソフトをなぜ無料で利用できるのか」——。ユーザーや通信業界関係者の多くが抱く疑問に,スカイプ・テクノロジーズの二クラス・センストロームCEO(最高経営責任者)は事もなげに答える。「PtoP(peer to peer)技術を使うため,ユーザーが増えてもサーバーの追加投資は必要ない」。

PtoP技術というと、一時はファイル共有であまりよろしくないイメージをまとってしまった感もあったような気がするのですが、1億ダウンロードされたSkypeの秘密がPtoPにあると聞くと、また違ったイメージになってくるのではないでしょうか。

通常のIP電話の場合、通話相手を探したり通話状況の把握に管理サーバが必要になり、ユーザ数が増えればこの管理サーバにかかる負荷も高まります。

しかし、SkypeではPtoPによりユーザのPCが管理サーバの役割を果たすため、そうしたサーバ負荷の問題が起こらないようになっています。事実上、どんなにユーザが増えてもサーバ増強が必要ありません。って、凄い!

これがSkypeの秘密なんですね。「限りなく少ないコストで運用しつつ,Skype Outなどの付加サービスから若干の収益が上がればいい」とCEOのコメント。

Skypeは複数の中継ノードの中で最も通信品質の良い通信路を常に選択する。どの回線品質が良いか絶対的な基準値はなくスーパーノードになるときの条件と同様,相対的な評価で決まる。これにより品質のバラツキを抑え,音が途切れてしまうことを回避している。