Mozillaのスケジュール管理ソフト「Sunbird 0.2」のリリース候補版が公開されたそうです。

Sunbirdは、Mozillaの拡張プラグイン「Calendar」から派生したスケジュール管理ソフト。MozillaのGUIを作成するために開発されたXUL(XML-based User-interface Language、ズール)で記述され、WindowsやLinuxなど複数のプラットフォームで動作する。他のアプリケーションに依存せず単体で利用できるが、Thunderbirdと連携するための機能を備えるなど、Mozillaプロジェクトが提供するアプリケーションの補完を主な目的とした開発が進められている。

Mozillaプロジェクトから次々にソフトがリリースされ、元気の良さを感じますね。実際に自分で使うことはないと思われるソフトなのですが、例えば他の人に薦める時に便利だったり、こういう選択肢って絶対に必要だなぁ、と思っています。

The Mozilla Foundationは22日(米国時間)、スケジュール管理ソフトウェア「Sunbird 0.2」のリリース候補版を公開した。現時点ではソースコードの他に、WindowsとLinux、Mac OS XとSolaris/SPARC用のバイナリがMozillaのWebサイト上で公開中。

■関連記事

米Mozilla、スケジュール管理ソフト「Sunbird 0.2」リリース候補版公開

SunbirdはカナダのAxcentra(旧社名はOEone)がMozilla Foundationに寄付したソフトウエアをベースにしているという。将来Sunbirdの機能は電子メール・クライアント「Thunderbird」に統合し、電子メールのメッセージからスケジュールを作成したりアラームを設定したりできるようにする。