スポンサードリンク

Skype用留守電ソフト「SAM」

スポンサードリンク

Skype用の留守電フリー・ソフトウェアが登場です。

画面表示は英語のままだが、留守電の基本的な機能は使える。Skypeで音声コールがあり、応答しない場合、自動的に録音する。後での再生や、そのメッセージをクリックしてSkypeでのコールができる。

スポンサードリンク

Windows版のアプリケーションだそうです。普通に電話として使うならば、やはり留守電機能が欲しいところですね、というところに、誰かが留守電ソフトわ作ってしまったというのはなかなか面白いですね。

オプション設定で何秒後に留守録モードに入るか、何秒後に応答するか、応答メッセージの指定(wavファイル)、相手に留守電モードであることを知らせるテキスト・メッセージの指定、などができる。

スポンサードリンク

前へ

パンケーキ単焦点レンズ「smc PENTAX PENTAX-DA 40 ㎜ F2.8Limited」

次へ

製品検索が購買に及ぼす影響は?