Firefox 1.0のダウンロード数が1,000万件を突破したそうです。

Firefoxの普及キャンペーンサイト「SpreadFirefox」によると、Firefox 1.0がリリースされた11月9日から12月11日までの32日間で、ダウンロード件数が1,000万件を突破。

ほぼ1ヶ月間で1,000万件以上のダウンロードがあったそうです。となると、『Firefox』のシェア4.6%、11月に大きな伸びといった記事も気になってきますね。

オープンソース Web ブラウザ『Firefox』が正式リリースから1か月で、米国でシェアを34%も伸ばしたと、Web 調査会社 WebSideStory が13日、そんな調査結果を発表した。

■関連記事

Firefoxの快進撃続く - 正式版のダウンロード件数が1,000万を突破

The Mozilla Foundationは13日(米国時間)、Mozillaから派生したWebブラウザ「FireFox 1.0」のダウンロード件数が1,000万を突破したことを発表した。Firefoxの普及活動にあたるWebサイト「Spread Firefox」では、正式版を公開した11月9日以来のダウンロード件数を公表しており、約1カ月で1,000万件という大台に到達したことになる。

Firefoxのシェアが増加する一方でIEのシェアは減少~米WebSideStory調査

調査を担当したWebSideStoryのチーフマーケティングオフィサーであるRand Schulman氏は、Firefoxの躍進について「この数字の大部分は、数カ月間プレビューバージョンを提供した後、11月9日にFirefox 1.0がリリースされたことによるところが大きい。Firefoxは来年にかけて10%の市場シェア獲得を目標として明言しているが、これはもはや達成できないようには見えない」とコメントしている。