Mozilla Foundation、メールソフト「Thunderbird 1.0」正式リリースです。

米Mozilla Foundationは7日、メールソフト「Thunderbird 1.0」の正式リリース版を公開した。Windows版、Mac OS X版、Linux版とソースコードが公開されており、Mozilla FoundationのWebサイトから無料でダウンロード可能。現時点では、英語、ドイツ語、ギリシア語、トルコ語の各言語対応版が公開されており、日本語を含むその他の言語については準備中となっている。

Thunderbird

Mac版があるのが嬉しいんですよね。プライベートのメール環境はGmailで今のところ満足しているので、すぐに使う訳ではないのですが、選択の余地が残されていると安心感があるし、何より取り残された感もないですし(笑)

Thunderbird 1.0は、学習型の迷惑メールフィルタやRSSリーダーなどの機能を備えたメールソフト。正式版ではソフトの見た目を変える「テーマ」のデフォルト設定が変更されたほか、検索したメールが保存できる「検索フォルダ」などの機能を改良。その他多くの不具合を修正している。

Mozilla Foundationから正式リリースされたソフトウェアとしては、Webブラウザやメールソフトなどの統合環境「Mozilla」、軽量版Webブラウザ「Firefox」に続いて、ということになります。

■関連記事

Mozilla Japan、Thunderbird 1.0日本語版を12月下旬に公開予定

Mozilla Japanは8日、メールソフト「Thunderbird 1.0」の日本語版について、12月下旬を目処にリリースする予定であることを明らかにした。

Mozilla Thunderbird 1.0正式版がリリース -日本語版は準備中

Thunderbirdは、Mozillaのメールコンポーネントを再構成したクライアントソフト。今回のバージョンでは、ベースとなるメールクライアント(POP3/IMAP対応)にRSSリーダとしての機能を統合したほか、ベイジアン理論に基づきジャンクメールを振り分ける「学習型 迷惑メールフィルタ」、設定された検索条件に一致するメッセージを表示する「Saved Searchフォルダ」を採用。