IEとGeckoの2つのエンジンを切り替えられるWebブラウザ「Lunascape2.0」という記事より。

早稲田大学大学院の学生が社長を務めるベンチャー企業Lunascape株式会社は1日、タブ型Webブラウザの新バージョン「Lunascape2.0」のプレビューリリース版を公開した。Windows Server 2003/XP/2000/NT 4.0に対応しており、同社Webサイトより無償でダウンロードできる。

Netscapeもレンダリングエンジンの切り替えができる新版を発表しましたが、日本でも同様の機能を搭載した「Lunascape2.0」のプレビューリリース版が公開されました。Internet ExplorerとFirefoxやNetscapeで採用されているGeckoを切り替えることができます。

RSSやブログにも対応し、それらの閲覧機能を「InfoView」として統合した。また、サイト上のRSSリンクをお気に入りにドラッグ&ドロップするだけで「ダイナミックブックマーク」として登録可能だ。ダイナミックブックマークをクリックすることで、InfoViewで新着情報を確認できる。

ブラウザ側でRSS対応が始まっているのも実感できますね。プレビュー版のフィードバックを基に、2005年1月に正式版をリリース予定だそうです。現在はSleipnirを使用しているのですが、事実上開発が停止しているので、Lunascapeも試してみようかな。個人的なリクエストは数個しかないので、それがクリアされれば乗り換えるかもしれません。

■関連記事

ダブルエンジン搭載ブラウザ「lunascape2」、プレリリース版を公開

IE の独占時代にかげりが見え始める中、Lunascape 株式会社は2004年12月1日、ダブルエンジン搭載ブラウザを開発したことを発表した。