IEのシェア低下止まらず――10月の米ブラウザ市場という記事より。

MicrosoftのIEは引き続き圧倒的な首位の立場を守っているものの、10月にはシェアを0.8%落とし、92.9%となった。6月の時点では95.5%だった同ブラウザのシェアは、9月には93.7%に減少していた。

微減ではありますが、徐々に減少しているのは注目しておいた方が良いでしょう。どこからダムが決壊するか分かりませんからね。

MozillaとFirefoxを利用する米国人ネットユーザーの割合は、10月に6%まで増加した。両者の割合は半々だった。なお過去における割合は、9月が5.2%、6月が3.5%だった。

MozillaとFirefoxは着実にユーザ数を増やしています。

MozillaとFirefoxのシェアは、IEと比較するとごくわずかなものでしかない。だが、IEのシェアが5カ月連続で減少しているのに対し、Mozilla/Firefoxのシェアが5カ月連続で増加していることから、はたしてこの傾向にブレーキがかかるのか、かかるとすればはいつ頃になりそうかという点について、アナリストらは疑問を呈し始めている。

アナリストも、これは一過性のものではない、と分析しているようです。実際にダウンロードして試してみれば、IEに遜色がないということが分かるでしょう。そうなると、セキュリティの面などでIEよりもMozilla等の方がよく見えてくる場合もあるかもしれません。