「Firefox 1.0 PR」リリース、RSS読み込み機能をブックマークに統合というニュースより。

Mozilla Foundationは14日(米国時間)、Webブラウザ「Firefox 1.0 Preview Release(PR)」とEメールクライアント「Thunderbird 0.8」のリリースを発表した。Windows(Win32)/Mac OS X/Linux(x86)に対応するバイナリが同団体のWebサイトで公開されている。

早速、インストールしてみました。なかなかに軽量で、さくさくと動きます。良い感じです。Linux ZaurusにOperaをインストールして、改めてIE以外のブラウザの選択肢の重要性を感じました。「Firefox」などにも頑張って欲しいものです。

「Firefox 1.0 PR」は、Live Bookmarksと呼ばれるRSS情報をブックマークとして自動的に読み込む機能を備えており、

RSSを用意しているサイトを開くと、ブラウザの右下に「RSS」マークが表示されるので、クリックしてブックマークに登録する。あとは更新内容が自動的にブックマークに追加されていく。

という機能になっています。「Thunderbird 0.8」ではRSSリーダ機能が統合されているそうです。

■関連記事

Firefoxのバージョン1.0PRがリリースに――大人気でダウンロードサイトも悲鳴

Mozilla FoundationのFirefoxは、市場を支配するMicrosoftのIEに代わるオープンソースのウェブブラウザとして、急激に新規ユーザーを獲得している。バージョン1.0という節目を迎える前でさえ、同ソフトウェアのダウンロード数は4カ月毎に倍増してきており、最近2カ月間だけでも500万回近くを数えている。

Firefoxブラウザ、ついにバージョン1.0をリリースへ

1.0プレビューの登場は、Firefoxがこのところ見せてきた一連の進展の1つだ。当初は「Phoenix」と呼ばれ、次に「Firebird」へと名称変更された同ブラウザは、オリジナルのMozillaブラウザが巨大化しすぎたとの苦情に応えて開発された。