ソースネクスト、Windows環境のセキュリティ対策ソフトを1980円でというニュースより。

「セキュリティアドバイザー2005」は、Windows修正プログラムの適用状況やウイルス対策ソフトの設定状態、Outlook Express、Internet Explorer、Officeのバージョン、各種設定状態を自動監視する。また、安全度を信号色で項目ごとに表示する機能も備えている。

「ウイルス対策ソフトの定義ファイルが更新される前に、セキュリティホールを狙ったウイルスなどに感染してしまう事例も多かった」ということで、それを改善するためのソフトウェアだそうです。セキュリティソフトを導入しても、なおかつまだ守られずに、それを監視するためのソフト、ということのようです。

これほど多くの人に利用されているのに、普通の状態では危険にさらされているというのも、改めて考えてみると凄い状況です。こういうソフトは最初から導入されていても良いような気もしてきますね。

ベースプログラムはNRIグループのNRIセキュアテクノロジーズが法人用として開発した「SecureCube/PC-Check」。これをソースネクストとの共同開発として、コンシューマー向けにカスタマイズしたのがこの製品だ。

Amazonで「セキュリティアドバイザー 2005 (スリムパッケージ版)」を見てみる