Webカメラを利用したペット監視ソフト「わんにゃんうぉっちんぐ」です。

ライブドアは、Webカメラを利用してペットの様子を監視できるソフトウェア「わんにゃんうぉっちんぐ」を9月3日に発売する。標準価格はソフトウェア単品モデルが6,090円、Webカメラセットモデルが8,379円。

ペットがいる人は、留守中のペットの動向が気にかかる、という人も多いかもしれません。チラリとでも元気な姿が見られれば、安心できるのに、と。そんな時にこの「わんにゃんうぉっちんぐ」は良いかもしれませんね。「わんにゃんうぉっちんぐ」は既にライブドアが発売している監視ソフト「防犯24時」と同じ機能を持つ製品で、それをペット向けとしてリパッケージしたソフトのようです。

パソコンに接続したWebカメラの撮影範囲内にいるペットの動きに反応して、動画および静止画を自動で撮影できる。また、記録したファイルをOutlook Expressなどのメールソフトから指定メールアドレス宛に添付ファイルとして送信が可能なほか、日時指定によるスケジュール録画機能も装備する。

「HTTPサーバーを経由することで遠隔地からUSBカメラで撮影した映像をモニタリングできる」そうで、どちらかというと、この使い方をしたい人が多いのでしょうか。遠隔地からモニタリングする場合には128kbps以上の通信帯域が必要とのこと。また「グローバルIP」も必要です。対応OSは、Windows XP/Me/2000。

Amazonで「わんにゃんうぉっちんぐ USBカメラ付き (1000本限定生産)」を見る

わんにゃんうぉっちんぐ