“後継”?登場 「Share」利用者伸ばすという記事より。

「Share(仮称)」(呼び名は「シャレ」)という日本製ソフトもその一つ。「村長」と呼ばれる人物が最近、開発した。紹介HPでは以前、「47氏(ウィニー開発者)の去ったウィニーネットワークを引き継ぐべく開発されているようだ」と説明。匿名性が高く、操作はウィニーとほぼ同じとしている。

Winny開発者47氏の逮捕で沈静化するかと思われたP2Pですが、既に後継アプリケーションの開発などが積極的に行われているそうです。「Share」と書いて「シェア」か、スマートで良いネーミングですね、と思ったら「シャレ」だそうです。

「現在は自粛状態だが、これらのシステムやコミュニティーは潜在的には存在しており、ウィニー利用者がごっそりと次世代交換ソフトに乗り換える可能性もある」と記事。