Opera 7.5リリースです。

ノルウェーのブラウザ開発企業Opera Softwareは5月12日、ブラウザ新版の「Opera 7.5」英語版をリリースした。Windows、Mac、Linux、FreeBSD、Solarisの各OSに対応した版が用意されている。

電子メール、ニュースリーダー、IRC対応チャットクライアント、連絡先データベースが統合されたそうです。複数のOSに対応しているのが良いです。広告付きバージョンは無償、広告なしバージョンが39ドルです。

Linuxなど、“Microsoft以外”に注目が集まりつつありますから、Operaも無視できない存在になる可能性は十分にあると思います。ブラウザ戦争は決着がついたかと思いきや、息の長いソフトになりましたね。

■関連記事

オペラ、Opera 7.50をリリース――機能フル装備を目指す

 「われわれのアイデアのいくつかを、Googleが気に入ってくれたことは明らかだ」と冗談交じりに語った同氏は、両アプリケーションがメールのアーカイブを処理するときの類似性に言及し、たとえばどちらもMicrosoftのOutlookで一般的なフォルダシステムを省略していると指摘した。

RSS読み込み機能やチャット機能を搭載した「Opera 7.50」

Opera 7.50では、組み込まれたメールソフト「Opera Mail」でRSSの読み込み機能が搭載された。RSS 0.9x/1.0/2.0といったバージョンをサポートする。