Hanjuku curry 8716t

節約&家事アドバイザーの矢野さんから「これは流行りますから」とお土産に頂いたのが「半熟カレーせん」です。作っているのは茨城県の煎餅屋仙七で、アメトーーク!のカレー大好き芸人でも取り上げられているそうです。

半熟というのがどういう状態かと思い食べてみると、しっとりしているんですね。一般的なせんべいのように乾燥しているのではなく、ぬれ煎餅のようにしっとり。そこにしっかりとカレーの味がついています。感想としては「カレー風味というよりカレー」でした。ややピリ辛のせんべいが美味いです!

食べてみたい人は楽天市場で購入できます。

「半熟カレーせん」を食べてみる

Hanjuku curry 8717

「半熟カレーせん」は黄色い袋にせんべいが入っています。カレー的な色合いですね。

Hanjuku curry 8718

原材料はうるち米、カレーのたれ、香辛料などが使われています。ウスターソースの文字も目立ちます。気になるカロリーは80gあたり345kcalです。内容量が80gですので、これを全て食べて80gということになります。

Hanjuku curry 8719

「本製品はしっとり感があるやわらかさが特徴です」とあります。さらに「決して湿気ているわけではございません」とも。ぬれ煎餅を食べたことがある人なら分かると思いますが、独特のしっとり感があります。

Hanjuku curry 8720

感想は「カレー風味というよりカレー」です。カレーの味をつけてみましたというより、とてもカレー感が強く美味しいです。カレー味にはパリパリよりもしっとりサクサクの方が合う気がします。食感もしっとりサクサク。

「半熟カレーせん」を食べると、他のカレーせんべいが食べられなくなってしまうかも。美味しいです。

ごちそうさま!!!!!