2014 04 09 1435

NTTドコモが、国内初となる通話時間や時間帯に制限のない完全通話定額制を導入し、通話料金を大幅値下げする、ということが報道されています。ドコモ、通話料金大幅値下げ 国内初の定額制導入へという記事になっています。

NTTドコモは、携帯電話の料金を大幅値下げする。通話時間や時間帯などに制限を設けず、いくらかけても毎月一定額しかかからない完全定額制の通話料金を、国内で初めて導入する。スマートフォンの負担額は1台あたり最安で月約5900円となり、現在の一般的な利用料金より2千円以上安くなる。

格安SIMカードを利用し、月額をおさえて運用するスマートフォンなども登場しているので、大手キャリアがどう動くかと思っていたのですが、NTTドコモは完全通話定額制を導入し、利用料金がこれまでより2,000円以上安くなると伝えられています。

完全定額制は、スマホの場合、月2700円程度でドコモや他社の携帯、固定回線への国内通話が話し放題となる。データ通信などを入れると、月々の負担額はスマホ1台が最安約5900円となり、現在の一般的な利用料金の月約8千円強に比べ安くなる。

詳細なところがまだ分からないのですが、普通に使って6,000円を切る価格になるのでしょうかね。ソフトバンクも通話定額サービスを発表しているのですが、パケット通信や通話料に仕掛けがあったりして、ちょっと怖いのです。とりあえず、正式発表を待ちますか。

NTTドコモは「一部報道機関において、当社が新たな料金プランを導入する旨の報道がありましたが、当社が発表したものではございません」と否定しています。