東日本大震災:流される母子つかむ J1仙台選手が救助という記事より。

東日本大震災で被災したサッカーJ1仙台の育成組織に所属する藤沢恭史朗選手(15)=宮城県東松島市立矢本第二中学3年=が、11日の地震発生時に津波に流された親子を助けていたことが24日、分かった。

ベガルタ仙台の育成組織で15歳の中学生ということなので、ジュニアユースに所属している選手だと思いますが、その藤沢恭史朗選手が、東北地方大震災の津波で流された母子を助けたことがニュースになっています。

同クラブによると、藤沢選手は東松島市の自宅付近で津波に遭遇。流されないように耐えていたところで流されてきた母子を発見し、右腕で子ども、左腕で母親をつかみ、近くにあった軽トラックの屋根に上ったという。

本人も流されそうになっていたのですね。さらに流されてきた母子を発見し、両腕で掴み、軽トラックの屋根に上ったそうです。

ものすごいパワーですが、本人は身長180cmのディフェンダーということです。母子をがっちりと受け止めたのですね。

その後、胸まで浸水してきたものの、子どもを肩車し、左腕で母親をかかえたままの体勢で耐え、徐々に水かさが減ったため、無事に2人を避難所へ送り届けて自らも避難した。

すごいな‥‥自分がその場面に遭遇した時に、果たして同じようなことができるかどうか‥‥。

テレビの映像ではモノが流されている場面しか映りませんが、やはりこうして人も流されていたということなのですよね。助かって本当に良かったです。

藤沢恭史朗選手は、現在も避難所で生活しているそうです。春からはユースに昇格する予定です。