スポンサードリンク

東京都健康安全研究センターによる放射線量観測値のグラフ化

スポンサードリンク

2011-03-22_1236.png

東京都健康安全研究センターによる放射線量観測値がグラフ化されているサイトです。

スポンサードリンク

観測地は東京都新宿区で、直近36時間のデータがグラフ化されています。最大値、最小値、平均値がグラフで分かります。

数値だけ見ると多いか少ないか判断つきにくいですが‥‥

2011-03-22_1238.png

あわせて表示されている「過去36時間の平均値からの予測」を見ると、どう判断したら良いか、というのも分かるかも。

予測値の隣に‥‥

女性の受ける実効線量については、3月間につき5(mSv)を超えないようにしなければならない。

といった文言が添えられています。

他の地域でも、こうしたグラフ化が行なわれると、インフォグラフィクスというのですかね、分かりやすいですね。

スポンサードリンク

前へ

「お願いタイガー! 災害版」被災者への寄付情報をマッチング

次へ

東京電力の計画停電について学ぶ(計画停電は冬まで続くかも?)