2011-03-17_1637.png

Googleが、避難所の名簿を写真で送り共有するサービスを開始しています。Google Japan Blog: 被災地の皆さまへ、避難所名簿共有サービス開始のお知らせで詳しい手順がまとめられています。

そのために、避難所の名簿を写真に撮って携帯でメールしていただくだけで、Google の写真共有サービスPicasa を使って、インターネットで公開できるような仕組みを作りました。皆さんが避難所の管理者であったり、管理者をご存知の場合には、避難所の名簿を撮影した写真を公開することができます。

避難所の名簿を写真撮影して指定のメールアドレスに送信すると、Picasaにアップロードされます( goo.gl/ganbare )。

投稿された情報は「パーソンファインダー」で検索できるようです。

テキスト化に関しては「作業を始める前に、写真のコメント欄で事前に宣言していただいけると重複を避けることができます」といった運用も行われているようです。

また、NHKが提供する「安否情報検索」も「パーソンファインダー」と連携しています。

被災地ではテレビ・ラジオをご覧いただけない方も大勢いらっしゃることから、そのような方々からも広くNHKの安否情報をご確認いただくため、Googleの消息情報サイト【パーソンファインダー】からもご覧いただけるようにすることにいたしました。

情報が「パーソンファインダー」に集約されていきます。確認する手間を考えれば、良いことだと思います。