2011-03-17_1610.png

仙台で被災したぶっちゃけ税理士こと岩松正記氏 @iwamatsumasaki が「是非とも“ふるさと納税”を!」という記事をブログで更新しています。

しかし、私から、声を大にして言いたい、お願いしたいことがあります。 それは

寄付するなら、是非、ふるさと納税にしてください!

ということです。

ふるさと納税というのは、自分の住民税を、自分の好きな市町村に納めることができる制度です。

この制度を利用することで、自分が来年度に支払う住民税を、他の市町村に前払いで納めることができます。

しかも、その年の確定申告では、ふるさと納税した金額から2千円を引いた分だけ寄付金控除が受けられて、所得税も安くなります。

しかも、いくつの市町村に納税しても良いそうですよ。ただし、やり方がちょっと面倒で、市町村に連絡を取って納付書を送ってもらったりする必要があるそうです。

例えば「ふるさと納税 - 八戸市」みたいな感じですね。

手間はかかるものの「だから、本当に、被災地の市町村に大切なお金が直接届くのです!」「是非とも、今回の被災地の復興に直接役立てさせて欲しい」とぶっちゃけ税理士。

なるほど「ふるさと納税」は、こうした使い方ができるのですね。

故郷が被災した人はもちろんですが、親戚がいる、友人がいる、旅行で行ったなど、さまざまな繋がりを持っている人がいるはずです。その場合「ふるさと納税」を検討しても良いかもしれません。

ただし、現在は被災地のウェブサイトがほとんど機能していないことから、

今お持ちの、被災地を支援したいという 大切なお気持ちを 今しばらく維持していただき、

被災地の体制が整ってから、
是非ともふるさと納税をして欲しい。

とのことです。東北地方、北関東には知り合いが多いので、ぼくも検討したいと思います。