スポンサードリンク

月額4,800円で300GBのデータ通信専用SIM「Nomad SIM(ノマドシム)」

スポンサードリンク

月額4,800円で300GBのデータ通信専用SIM「Nomad SIM(ノマドシム)」

月額3,600円で100GB、月額4,800円で300GBのデータ通信容量のデータ通信専用SIM「Nomad SIM(ノマドシム)」が、2019年7月1日にリリースされました。

「Nomad SIM」はソフトバンクの4G回線を利用したMVNOのデータ通信専用SIMです。

スポンサードリンク

月額3,600円の100GBでも、30日で割ると1日あたり3GB強あるので、普通の使い方であれば全く問題ないと思います。

毎日、YouTubeを見まくるという人でも月額4,800円の300GBあれば安心できるのではないでしょうか。1日10GBですからね。

月間使用データ量が100GB/300GBを超えた場合は、月末まで通信速度が送受信最大128kbpsとなります。

契約事務手数料が初回に3,000円かかりますが、2年縛りといった契約期間縛りや解約金はありません。

料金体系もシンプルですし、期間縛り等で解約金がかかりませんので、半年ほど使いたいといったニーズにも対応できます。

注意点としては、データ通信専用SIMで音声通話ができない、SMSの送信ができないといったところでしょうか(SMS送信は別料金がかかる)。

SMS受信はできるそうなので、サービス登録時にSMS認証が必要な場合には困らないと思いますが。

LINEやIP電話があるから音声通話SIMが要らないという人もいるかもしれませんかぜ、使用環境としてはデュアルSIMの端末やモバイルルーターがオススメのようです。

データ通信量無制限のモバイルルーターもある

回線状態に応じてドコモ・au・ソフトバンクの3回線を切り替え、月額3,480円でデータ通信量無制限の「どんなときもWiFi」のようなモバイルルーターもあります。

こちらはモバイルルーター端末も無料でレンタルになる反面、2年契約の縛りはあります。25ヶ月目の解約は0円ですが、それ以外だと9,500〜19,000円がかかるので「Nomad SIM」のような縛りがないものとどちらが良いかはライフスタイルによりますね。

ちなみに「どんなときもWiFi」はモニターで3ヶ月ほど試させて頂いて改めてレビューを書きますが、

・ソフトバンク以外の回線になるのを見かけなかった
・スピードはADSLプラスアルファくらいだった
・ドコモと比べるとエリアは狭いと感じた
・データ通信量を気にせず動画を見まくれた&ダウンロードできた
・家族でシェアするのに便利だった

という感想を持っています。

恐らく「Nomad SIM」もソフトバンクのMVNOなので似たような傾向があると思うのですが、都内で朝夕のラッシュ時やランチタイムは特に低速になるのを感じました。

とはいえ、これはMVNOの宿命のようなもので、iPhoneで使っているIIJmioでも同様の傾向はあります。それが嫌なら大手キャリアを使おう、ということですね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「ハリー・ポッター:魔法同盟」日本でもついにiPhone/Android版をリリース!

次へ

ネタリスト(2019/07/02 13:00)あなたのカメラ、見せてください No.1 ジェットダイスケ