スポンサードリンク

アジア・欧米を周遊できるプリペイドSIMカード「SIM2Fly」が便利そうなのでメモ

スポンサードリンク

B00XR5HJHM

世界中を旅するブロガー @Sayobs が「海外を旅する人のマストアイテム」としてツイートしていたプリペイドSIMカード「SIM2Fly」が便利そうなのでメモしておきます。

頻度は高くないのですが、ぼくも海外に行くことがあり、その際にアジア圏であれば現地SIMを使うことが多いです。ただ、事前に日本国内で購入しておければ便利なんですよね。

その点「SIM2Fly」はAmazonでも購入可能でした!

スポンサードリンク

こちらのツイートで知りました。

添付されている写真を見ると「アジア16カ国プラン 1,300円 4GB 8日間」「ヨーロッパ&米国&アジア70カ国プラン 3,000円 4GB 15日間」とあります。

複数の国を移動する人にも便利ですし、そもそもヨーロッパやアメリカだと料金の安いSIMがなかなかないので、欧米に行く際にも便利ではないかと思いました。

商品説明を読むと「タイの3大通信会社の最大手であるAIS社(Advanced Information Service Public Company)の高速データ通信プリペイドカード」だそう。

日本国内から使用開始できますが、日本で使用するのはソフトバンク回線とのことです(Softbank LTE Band : B1,B3,B8,B28 )。日本でSIMカードを入れ替えても良いですし、もちろん飛行機内でも。

SIMカードのサイズは、標準、micro、nanoに対応しており、カードに入っている切り込み線を必要サイズに合わせて自分でカットします。

次に海外旅行に行く際に試してみようと思います!

中国は、中国本土31省で4G通信2GB/7日間の利用が可能なプリペイドSIMカードという記事を書いていますので参考にしてください。

スポンサードリンク

前へ

サッカー日本代表、ハリルホジッチ監督を解任 → 後任は西野監督?手倉森監督か?

次へ

「上海問屋」が閉店