スポンサードリンク

子供の見守り機能を備えた「TONE SIM (for iPhone)」位置の把握やフィルタリング機能など

スポンサードリンク

2018 02 23 1657

TSUTAYAの格安スマホサービス「トーンモバイル」が、子供の見守り機能を備えた「TONE SIM (for iPhone)」を発表しました。これまで見守り機能の利用には専用端末が必要でしたが、iPhoneでも使えるよう開発されました(iPhone 5s/5c(iOS 10)以降のSIMフリー版、ドコモ版に対応)。

スポンサードリンク

「TONE SIM (for iPhone)」を利用することで、次のようなことが可能になります。

「TONE SIM (for iPhone)」は、お子さまのiPhoneに挿し、簡単な設定をするだけで、親御さまのスマートフォンから「TONE見守り」アプリを使って簡単に、お子さまの居場所の見守り、アプリ利用などのコントロールが遠隔でできるようになります(パソコンのブラウザからでも確認・設定が可能です)。さらに、お子さまの行動状況をリアルタイムで把握し、乗り物に乗ったり、あらかじめ設定した場所に出入りしたりした場合に、親御さまのスマートフォンへプッシュ通知を送ることもできます。また、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」に基づき、フィッシングサイトなどの危険なサイト等に対するフィルタリング機能「あんしんインターネットLite」や、詐欺やセールスの疑いのある電話に対し警告が出る「あんしん電話」など、お子さまの安心を追求した機能も標準搭載されています。

位置情報の把握やフィルタリング機能などは専用SIMを使わなくともできますが、一括してまとまったサービスとなっているとそうした知識がなくとも利用が簡単そうです。

気になる料金は月額1,500円で、基本プラン月額1,000円+TONEファミリー(for iPhone)オプション500円のセット価格となります。親がトーンモバイルを使用していない場合は「TONEファミリー」加入に別途200円/月がかかりますが、インターネット使い放題、IP電話通話基本料となったらなかなかお得感あるのではないでしょうか。

通信速度はNTTドコモのLTE/3Gサービスエリアに対応した、500kbps〜600kbps程度の通信とのことです。高速チケットオプションがあり300円/1GBです。

トーンモバイルの石田宏樹社長はDTIの方ですよね。懐かしい。

スポンサードリンク

前へ

間もなく新しいiPadが登場か

次へ

【DAZN】「DAZN年間視聴パス」専用コードの入力方法