B014GZEPZA

総務省が休眠状態の電話番号の利用を促すため、未使用期間の期限を設定する方針だということが明らかになりました。NTTなどが総務省から指定を受けた上で使用していますが「未使用のままでも罰則がないため、既存事業者が番号を囲い込んでいる状況」で、それを改善するための措置とのことです。総務省、休眠電話番号を開放へ 格安スマホに割り当て 携帯料金値下げも期待という記事になっていました。

このため、総務省は電気通信事業法改正案や省令に電話番号の未使用期間の期限を盛り込む。固定電話や携帯電話、フリーダイヤルなどの種類にもよるが、未使用期間に3~5年の期限を設けて取り消す。

070、080、090から始まる携帯電話番号は、大手3社が9割を持っており、格安スマホの事業者はこれを借りており、利用料金には「番号の賃借料はコスト」も含まれているそうです。

そのため未使用の携帯電話番号が格安スマホの事業者に割り当てられれば「番号の賃借料はコスト」がなくなり、利用料金が値下げされる可能性があるということです。これは利用者にとってもありがたい話なので、ぜひ実現して欲しいところです。

しかしそれでも携帯電話の番号は足りず「060」も開放される方針です。携帯電話「060」番号不足に対応するため開放へという記事を書いています。