2018 01 24 1327

中国のスマホメーカー「OPPO」が、日本法人となるOPPO Japanを成立し日本参入することが明らかになりました。OPPOが日本のスマホ市場に参入 第1弾「R11s」を投入という記事になっていました。

中国のスマートフォンメーカー「OPPO」が日本に参入する。日本法人のOPPO Japanは1月22日、日本向けの第1弾スマートフォンとして「R11s」を発売する。

2011年からスマートフォン市場に参入し、現在はアジアやヨーロッパなど30カ国で販売しているということです。「2017年第3四半期ではアジアで1位、欧州で4位の出荷台数」とのこと。日本では知られていませんが、売れているメーカーのようです。

日本には第一弾として「R11s」というスマートフォンを投入予定とのことです。写真を見るとかなりiPhoneにも似ていますが、なかなか良さそうな端末です。価格などの詳細は2018年1月31日に発表予定とのこと。

日本では語感的に「OPPO」はかわいらしいので、スムーズに受け入れられるような予感もしますね。

■関連記事

日本に上陸した急成長中のスマホメーカー「OPPO」って何者? | ギズモード・ジャパン

OPPOはアジア圏では「緑の看板のOPPO」として親しまれています。またアメリカで人気のスマートフォンブランドOnePlusや、同じく急成長中のVivoと同じ歩歩高(ブーブーガオ)傘下のブランドなんです。

OPPO、「R11s」で日本市場参入 - ケータイ Watch

グローバルモデルでは、6インチ、2160×1080ドットの有機ELディスプレイを装備し、2000万画素と1600万画素のデュアルカメラ、2000万画素のインカメラを搭載。プロセッサーにはクアルコムのSDM660が採用され、4GBのメモリー、64GBのストレージ、3205mAhのバッテリー、OSはAndroid 7.1ベースのColorOS 3.2を搭載していた。