B01M29KUZ0

上海に行く計画が持ち上がりそうなため、中国で使えるSIMカードを物色しています。ちょっと良さそうだと思ったのが「中港」という、Amazonで購入できるSIMカードです。Amazonプライム対応で価格も1,680円とリーズナブル。

スペックとしてはデータ転送量は2GB、開通から7日間の利用が可能です。回線は4Gで、短期間の出張や旅行なら十分ではないでしょうか(ぼくは普段は1日500MB以下の使用です)。中国に行くとLINEやFacebookが使えなくなると聞きますが、このSIMカードなら大丈夫のようです。

開通後7日間利用できるので、中国・香港渡航スケジュールに対応する手軽なプリペイドSIMカードです。

Amazonカスタマーレビューを見ると、iPhone 7 Plusで使えているというものもあったので安心です。テザリングも可能です。ただ、3Gでしか繋がらない、テザリングができないというレビューもあるので、時々によって変わる可能性もありますが。

対応する周波数:

【4G】1,800Mhz、2,600Mhz
【3G】900Mhz、2,100Mhz

データ通信量の上限である2GBに達すると通信が止まります。

SIMカード有効期限は2018年12月31日までで「延長・チャージ方法に関してはサポートが難しい為、弊社では推奨しておりません」というところだけ、注意が必要です。心配なら2枚くらい購入しておいても良いのかも。

中国本土31省というのがどのくらいなのか調べたましたが、中国の「四川省」等の「省」の数はいくつですか? - 省の数は... - Yahoo!知恵袋を見ると恐らく中国本土ほぼ全域なのでは、と理解しました。とりあえず上海は大丈夫そうです。

日本から渡航する人の利用であれば、LINEやFacebookが使えるのは心強いですね。

海外のSIMに関しては次のような記事も書いています。

「GigSky(ギグスカイ)」世界90カ国以上でローミングできるSIMカードを試してみた!(使い方を解説)

【IIJmio】海外どこでも均一料金のプリペイドSIMカード「IIJmio海外トラベルSIMサービス」

【SIMカード】マレーシアのKlia2空港でSIMカード「celcom」を契約してみた → あまりにあっさり契約できて驚愕!