2016 06 03 1155

IIJmioのデータ転送量が10GBになったのですっかりクーポンオフして200Kbpsで使うこともなくなっていたのですが、通信開始時に一瞬だけ高速でデータ転送される“バースト転送機能”は魅力です。これがあると200Kbpsでも割りと普通に使えるのです。

この“バースト転送機能”が「OCN モバイル ONE」でも、2016年6月16日より提供開始されるという発表がありました。

このたび、コースごとの容量超過後の速度規制時(従来の最大通信速度200kbps)などでも、より快適にご利用いただけるよう、通信開始時*1の一定量(150KB)のみ高速通信(最大通信速度 262.5Mbps)が可能となる「バースト転送機能」を提供します。

IIJmioでは低速と高速の切り替えを「クーポンのオン/オフ」と表現しますが「OCN モバイル ONE」では「ターボ機能のオン/オフ」と表現します。

ターボ機能がオフの場合は200Kbpsでの通信になりますが、それでも最初の一定量(150KB)が高速通信できることにより、ストレスをあまり感じずにネットが利用できるようになるという訳です。

WebサイトやSNSの読み込みなど、送受信のデータ量が比較的少ないサービスを利用する場合には、最初のページやアプリ起動直後の画面などが表示される速度が改善されるため、これまでより快適にご利用いただくことができます。

高速データ通信のデータ通信量を使いきってしまった時や、節約するためにターボ機能をオフにしているような場合でも「バースト転送機能」があることで快適度が増すということです。

良い改善ですね!

IIJmioのクーポン機能に関しては次のような記事を書いています。

【IIJmio】数カ所でスピードテストしてみた(クーポンオフ速度200Kbpsで何ができるか?)

「IIJmioクーポンスイッチ」通信速度の切り替えやバンドルクーポン残量が分かるiPhoneアプリ

【IIJmio】「SIM内クーポン」とは?