2015 10 05 2046

せっかくSIMフリーのiPhone 6 Plusを使っているので、今回のアメリカ取材でもプリペイドSIMカードを利用してみました。アメリカ在住のdrikinに聞いたところ「T-Mobile」の40ドルの無制限(4G LTEのデータ通信は1GBまで)というプランが良いのでは、とのことだったので事前に購入をお願いしておきました。ロサンゼルスの現場で受け取り、半日ほど使ってみたのですが、快適に使用できています。

アメリカ「T-Mobile」のプリペイドSIMカードの料金プラン

Prepaid Phones & Plans with Unlimited Data on the T-Mobile 4G LTE Networkに詳細なプランの内容がありますが、以下の3つのプランから選択するようになっています。

・$40 / month for unlimited data, talk, and text on our network + up to 1GB of 4G LTE

・$50 / month for unlimited data, talk, and text on our network + up to 3GB of 4G LTE

・$60 / month for unlimited data, talk, and text on our network + up to 5GB of 4G LTE

基本は無制限のデータ通信、通話、T-Mobileネットワークを使用したテキストとなり、そこに金額に応じて4G LTEのデータ通信がつく、という感じです。今回は、滞在が4日くらいなので、40ドルプランの1GBにしてみました。

なお、5GBで60ドルなら、日本とそんなに遜色ないくらいの料金プランにも感じました。

「T-Mobile」のプリペイドSIMカードを使ってみる

T mobile 10 04 14 55 04

drikinからは、こんな感じで生身のSIMカードを手渡されました。

T mobile 10 04 14 55 34

ユニークなのは、この1枚でmicroやnanoといった複数のSIMカードのサイズに対応しているのです。切り抜けば好きなSIMカードのサイズで使えます。残った部分は、SIMの下駄としても使用可能です。いずれ、日本のSIMカードもこういう方式になるかもしれませんね。

IIJmioのSIMカードを外し、T-MobileのSIMカードと交換、程なくしてキャリアアップデートがかかり、無事にiPhoneがT-Mobileネットワークで使用できるようになりました。

T mobile7451

ネットが普通に使えるのはもちろんですし、テザリングも可能です。ただし、テザリングを使っていると、1GBはあっという間ですが。

ちなみに、これまでは海外旅行、出張の際はテレコムスクエアのモバイルルーターを愛用していました。ニューヨークでもテレコムスクエアのモバイルルーターを使っています。日本国内から準備していけるのがメリットですね。

「T-Mobile」のプリペイドSIMカードでデータ通信量を使い切るとどうなる?

気になるのは、あらかじめ設定されたデータ通信量を使い切るとどうなるのか、という点ですが「*Rate plan max speed of 8 Mbps; upon reaching data limits, speeds slowed to up to 128 Kbps.」と書かれています。

つまり、4G LTEのスピードの上限は8Mbpsで、データ通信量を使い切ると128Kbpsに減速するというものです。2Gとdrikinは言ってましたが、恐らくTwitterやFacebook、LINEくらいならなんとか使えるのではないかと思います。

今回の出張中にも使い切って、どのくらいの使用感になるのか試してみたいと思います。

海外のSIMカード事情の関連記事

カナダでは下記のような記事を書いていますので参考にしてください。

カナダでSIMカードを購入!iPhone 6 Plusで試してみて分かったカナダのプリペイドSIM事情