2015 07 24 1132

「RBB SPEED TEST」のユーザーを対象に格安SIMサービスの満足度調査が実施され、その結果が発表されました。それによると「IIJmio」が総合で最優秀賞を受賞しています。通信速度部門は「UQ mobile」が最優秀賞を受賞しています。

本年度の「格安SIMアワード」では、通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」ユーザーの投票によって利用者満足度の高い格安SIMサービスを選出しました。日ごろから通信環境に高い関心を持つ同アプリのユーザーで、且つ格安SIMを現在利用中の方を対象に、「通信速度」「コストパフォーマンス」「ブランドイメージ」「利用サポート」「総合満足度」の5部門についてそれぞれ5段階で評価していただきました。

各部門のランキングは次のようになっています。

■総合

最優秀賞 インターネットイニシアティブ「IIJmio」
2位(同率) ケイ・オプティコム「mineo」
2位(同率) KDDIバリューイネイブラー「UQ mobile」

■通信速度部門

最優秀賞 KDDIバリューイネイブラー「UQ mobile」
2位 ニフティ「NifMo」
3位 ケイ・オプティコム「mineo」

■コストパフォーマンス部門

最優秀賞 ニフティ「NifMo」
2位 ビックカメラ「BIC SIM」
3位 KDDIバリューイネイブラー「UQ mobile」

■ブランドイメージ部門

最優秀賞 インターネットイニシアティブ「IIJmio」
2位(同率) NTTコミュニケーションズ「OCNモバイルONE」
2位(同率) ビックカメラ「BIC SIM」

■利用サポート部門

最優秀賞 インターネットイニシアティブ「IIJmio」
2位 ビックカメラ「BIC SIM」
3位(同率) NTTコミュニケーションズ「OCNモバイルONE」
3位(同率) ケイ・オプティコム「mineo」

ユーザーとしてどこを重視するか、というのもあるかと思います。例えば、とにかく速い方がいい、とか。そういう場合にはau系なら「UQ mobile」docomo系なら「NifMo」ということになるでしょう。

自分では「BIC SIM(IIJmio)」を使用しているので、嬉しい結果でありました。