2015 07 01 1628

ソフトバンクが子会社であるSBパートナーズを通じて、MVNO事業を推進することを発表しました。「MVNOへの取り組みについて」としてニュースリリースが出ていました。

SBパートナーズは、こうしたニーズに対応するため、通信事業者としてのノウハウやインフラの提供を通じて、パートナー企業とともに付加価値の高いサービスを開発し、MVNO事業の拡大を目指していきます。

ソフトバンクがMVNO事業を推進 子会社がパートナー企業に回線提供によると、社長にはソフトバンクモバイル執行役員の寺尾洋幸氏が就任するそうです。

いよいよ、ソフトバンクもMVNOに本腰を入れるようですね。ネタフルではソフトバンクがシェア拡大で苦戦、一方のドコモは「純増数の約4割をMVNOが占めるほど」という記事を書いていますが、MVNOの接続料金を値下げしたところでした。