2015 06 18 1508

日本国内の格安SIMカード市場は急成長しているようです。MM総研が発表した国内MVNO市場の2015年3月末実績によると、独自サービス型SIMの回線数は326万回線で、前年より88.4%増となっています。

MVNO市場の中でも注目を集める「低価格SIM」を含む独自サービス型SIMの回線契約数は、2015年3月末で326万回線となった。2014年3月末時点では173万回線だったので、1年間で回線数は88.4%増加した。

全体からみればまだまだですが、着実に存在感はアップしている気がしますし、まだまだ伸びしろはありますね。

興味深いのは各社のシェアです。

2015 06 18 1511

「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズの1位は変わらずですが、シェアは微減です。日本通信に至ってはシェア半減。プレスリリースはユニークで話題になるのですが、サービスの品質に難ありというをネットでは見かけることが多いので、そうしたところに起因しているのかもしれません。シェアが増加しているのはIIJとビッグローブです。

回線数は次のようになっています。

NTTコミュニケーションズ 73.8万回線
IIJ 53.6万回線
ビッグローブ 23.3万回線
日本通信 17.2万回線

テレビCMもやっているだけあって、NTTコミュニケーションズは強いですね。「NifMo」や「楽天モバイル」はどうなっているでしょうね。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

B00J8B7WWG