2015 03 19 1158

ハイホーのMVNO「hi-ho LTE typeD」が、2015年4月1日より月間のデータ通信量を増量することを発表しています。「IIJmio」の増量発表により、次々に他社も追従しています。ハイホーのMVNO「hi-ho LTE typeD」も4月1日から月間通信量アップという記事になっていました。

今回の改定により、「hi-ho LTE typeD ミニマムスタート」コース(1年パック割を含む)では、月間の通信容量が2GBから3GBに拡大される。同様に「hi-ho LTE typeD アソート」コースでも2GBから3GBに、「hi-ho LTE typeD ファミリーシェア」コースでは7GBから10GBに拡大される。

どこかデータ通信量を増量するMVNOがあれば、他もそれに追従していかないといけない訳で、体力勝負になってくるのでしょうか。利用者からすれば、値段据え置きで使えるデータ通信量が増えるのでありがたい話ですけどね。

「IIJmio」と「楽天モバイル」が、データ通信量の増量を発表していました。次のような記事を書いています。

【格安SIM】「楽天モバイル」2週間ほど使ってみた感想

【IIJmio】「みおふぉん」2015年4月1日より高速データ通信の容量を増量へ(2GB→3GB、4GB→5GB、7GB→10GB)