スポンサードリンク

「freetel priori2」9,980円のSIMフリー端末

スポンサードリンク

B00QQ4GJ7C

LTEは使えませんが、とりあえず気軽に格安SIMデビューをしてみたい、という方には「freetel priori2」のようなSIMフリー端末が良いでしょうか。「freetel」は家電量販店のSIMフリーコーナーでも見かけますね。1万円を切るSIMフリースマホ、スペックアップして国内新発売という記事になっていました。

スポンサードリンク

1.3GHzクアッドコアのCPUを採用、FOMAプラスエリアへの対応も果たし、メモリを1GBのRAM、8GBのROMへとスペックアップしているため、旧モデルよりもAndroid 4.4.2のOSをサクサクと使いやすい仕様になっています。

同じ価格帯だと「Polaroid pigu」8,980円のSIMフリー端末エントリーモデルもありますが、液晶サイズは3.5インチと4.5インチですので「freetel priori2」の方が大きいですね。

2015 01 05 1533

メイン端末としての使いやすさを取るか、サブ端末としての携帯性を優先するか、でしょうか。バッテリ容量も「freetel priori2」ですね。

freetel フリーテル SIMフリー スマートフォン priori2 スペシャルパック ブラック ( Android 4.4 / 4.5inch / 標準 SIM / micro SIM / デュアルSIMスロット / 1GB / ROM 8GB ) FT142A-PR2SP-BK

B00QQ4GJ7C

スポンサードリンク

前へ

横浜FC・三浦知良、契約更新 → 48歳でプロ30年目

次へ

【超美味】「もと家 丸鷄鍋」ネット通販が始まったので食べてみた!ネギとレタスをたっぷり、ワンタンに水餃子も!〆の乾麺まで美味すぎる〜〜〜!