B0099R7Y0O

アメリカでは「SIMロック解除合法化法案(Unlocking Consumer Choice and Wireless Competition Act)」にオバマ大統領がサインし、SIMロック解除が合法になったようです。SIMロック解除、米国で8月1日から合法に オバマ大統領が法案に署名という記事になっていました。

米連邦政府は8月1日(現地時間)、バラク・オバマ米大統領が「SIMロック解除合法化法案(Unlocking Consumer Choice and Wireless Competition Act)」に署名すると発表した。

この法案により、アメリカのスマートフォン利用者は、好きなキャリアへの乗り換えが可能になるということです。

記事によると、アメリカでは2013年から「ユーザーによるSIMロック解除は違法となっていた」そうで、これを覆す内容が、今回の法案だそうです。

日本でも総務省がSIMロック解除の義務化を進めていますが、どんなことが起こるのでしょうか。とりあえず、ぼくも大手キャリアからMVNOに乗り換える気がするのですが、安い端末が溢れ返るような状況になるのでしょうかね。

iPhoneで新機種に次々と乗り換えるというのが現実的でなくなるのか、それとも中古市場が広がってむしろ乗り換えした方がよくなったりするのでしょうか。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

総務省、SIMロック解除を義務化へ