B00GOPXS2C

SIMフリーのiPhoneがApple Online Storeで購入できるようなり、さらにSIMフリーに対する注目度も上がりそうですが、データ通信SIMの価格競争に「終止符を打つ」として発表された、日本通信「スマホ電話SIM フリーData」が販売開始となっています。

スマホ電話SIM フリーDataは、スマートフォンに最適化された音声SIMです。 月額基本料金1,560円[税別]でデータ通信(200kbps)が使い放題です。 プラス1,560円[税別]で、高速通信を3GBまで利用できるオプションも用意しています。

音声通話に200kbpsながら定額のデータ通信がついたSIMは、確かにかなりの破壊力があると思います。

我が家では月額980の音声通話なしSIMである「OCN モバイル ONE」を使っていますが、どうしても音声通話も必要になるならば、間違いなく「スマホ電話SIM フリーData」を選ぶでしょう。

メーカー型番 : AM-SDL-FDM
通信ネットワーク : ドコモ3G(FOMA)4G(Xi)
LTE : 2100MHz/1500MHz/800MHz
W-CDMA/HSDPA/HSUPA : 2100MHz/800MHz
4G通信速度 : 下り最大112.5Mbps / 上り最大37.5MbpsMbps
3G通信速度 : 下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbps
SIMカードサイズ: 15mm×12mm(マイクロサイズ)

ユニークなのは、電話番号のMNPにも対応していることです。既に使っているスマートフォンやガラケーの番号そのままに、格安SIMカードを利用することができるという訳です。

Googleの「Nexus 5」といい、なんとなくSIMフリーの流れがきている気がするので、2014年はさらにSIMフリー端末や格安SIMカードが話題になるかもしれません。毎月の携帯電話のランニングコストを抑えたいと思っている人は、要注目ですよ!

日本通信 bモバイル スマホ電話SIM フリーData マイクロSIM [AM-SDL-FDM]
by カエレバ

ネタフルでは以下のような記事も書いていますので、参考になれば幸いです。

初期費用15,000円&月額980円の子供用スマートフォンまとめ

Amazonで購入可能なSIMフリー端末

b-mobile「スマホ電話SIM フリーData」月額1,560円でデータ定額(200Kbps)&音声通話