Moto g4 1049

3G/LTE同時待ち受けや指紋認証に対応したモトローラのSIMフリースマートフォン「Moto G4 Plus」が発表されました。2016年7月22日より発売開始、予想価格は32GBモデルが35,800円、16GBが32,800円となっています。個人的にはインストールされるのが素のAndroid OSに近いというのも、ポイント高いと思います。モトローラ「Moto G4 Plus」SIMフリーで7月22日発売、16GBは3万2800円という記事になっています。

ディスプレイは5.5インチ、1920×1080ドット(フルHD)で、表面ガラスはコーニングのGorilla Glass 3。チップセットはクアルコムの「Snapdragon 617」(MSM8952)で、1.5GHzのオクタコア。GPUはAdreno 405で、550MHz。

特長はやはり3GとLTEに対応したデュアルスタンバイということになるでしょう。「SIMスロット1のSIMカードでデータ通信を行い、SIMスロット2のSIMカードで音声通話を受ける」といったことが可能で、音声通話は大手キャリア、データ通信は格安SIMで、ということも可能になるでしょう。

OSはAndroid 6.0.1で、将来的にはAndroid 7.0へアップデートも提供される予定とのことです。ピュアAndroidとして、独自のカスタマイズや独自のアプリは最小限となっています。

■関連記事

モトローラ、SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」 - 32,800円から | マイナビニュース

Moto G4 Plusは、5.5インチサイズのSIMフリーAndroidスマートフォン。メインカメラは1,600万画素で、レーザーオートフォーカスと位相差検知フォーカス(PDAF)に対応する。そのほか、指紋認証センサーや15分の充電で最長6時間の駆動が可能となる高速充電「TurboPower」機能などを搭載している。

利用シーンが広がって便利――「Moto G4 Plus」のLTE/3G同時待受を試す - ITmedia Mobile

筆者の場合、「SIM1」には「IIJmio」のデータSIMを、「SIM2」にはNTTドコモの音声SIM(spモード契約)を挿し、データ通信をIIJmioで、音声通話をspモードで使うことにした。

格安SIMを“ダブル”で活用できる「Moto G4 Plus」を写真でチェック さらに「Moto 360 Sport」も (1/2) - ITmedia Mobile

5.5型サイズのため片手で扱うにはやや大きいが、ボディーは持ちやすいラウンドフォルムで、厚さも7.87mm(最厚部9.78mm)とスリム。背面は細かい模様が入ったマイクロテクスチャ仕上げで、これには滑り止めの効果もあるという。

モトローラも参戦 日本のSIMフリースマホ、海外勢の進出相次ぎ競争激化 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

モトローラ・モビリティの日本法人のダニー・アダモポーロス社長は「今年後半から年末にかけて、大々的に展開していく。段階的に日本での存在感を高めていきたい」と意欲を述べた。

モトローラがSIMフリースマホMoto G4 Plus発表、本日から予約開始。LTEと3Gの同時待ち受けに対応 - Engadget Japanese

サイズは昨今では珍しくなりつつあるマイクロSIMタイプですが、ナノSIMからの変換アダプターを同梱しているのがポイントです。