スポンサードリンク

「サンラサー」スパイス優しいカレー店で盛りだくさん“わんぱく”を食べる!【新宿】

スポンサードリンク

カレー「サンラサー」新宿

ブロガーのねんざB氏が足繁く通う新宿のカレー店「サンラサー」。氏が投稿する写真を見ていると、自分が見たことない&食べたことないカテゴリーのカレーで、しかも毎週、電車に乗って通うほど食べたなるカレーってどんなカレーなんだろう‥‥と気になりまくっていたのですが、ついに食べる機会に恵まれました!

スポンサードリンク

新宿の「サンラサー」に行ってきたよ。

「サンラサー」はランチ営業のみのスタンディングのカレー屋さんです。店内は5人が横並びに立てば満員になってしまうくらいの広さで、みんなで仲良く立ってカレーを頂きます。

カレー「サンラサー」新宿 外観

カレーは1日30食と提供数に限りがあるため、どうしても食べたい人のためにInstagramによる予約も受け付けています(詳細は公式サイトでチェックしてね)

「サンラサー」というのは、サンスクリット語の「サン(集まる)」「ラサ(味)」からきており「自分の身体を構成する、いちばん大事なところ」という意味が込められているそうです。

「サンラサー」は日清パワーステーションのあった日清食品本社ビルの横にあります。場所としては東新宿と呼ばれるあたりで、駅でいうと新宿三丁目駅と東新宿駅が近いですね。

さ、インド家庭料理をベースにした、スパイスを使った優しい味のカレーを頂きましょう!

「サンラサー」で「わんぱく」カレーを食べた

メニューはカレー1種900円、2種のあいがけ1,200円、あいがけにつけもの(アチャール)が数種類のったわんぱく1,900円の3種類があります。

カレー「サンラサー」新宿 メニュー

定番カレーに加えて週替りカレーがあるので、週一で通う楽しさがあるのですね!

アチャールというのは漬物のことで、鶏モツのピックル、ホタテ、青パパイヤが300円、なす、大根、レモン、長芋が200円となっていました。鶏モツとかレモンとか、絶対に食べてみたいです。

他にもトッピングで炙りチーズ100円、特製鶏ハム300円や、デザートのブリュレなども。

常連のB氏はいつもの「あいがけ」をチョイス、ぼくは欲張りメニューの「わんぱく」にしました。

この日のカレーは定番がココナッツチキンキーマカレー、そして週替わりがサーグアールーという、ほうれん草とジャガイモのカレーです。

オーダーするとオーナーのマリコさんが、大きな丸皿にライスとカレー、そしてサラダにアチャールを盛ってくださいます。初訪問のぼくにも気軽に声をかけてくださるマリコさん。その軽快なトークも「サンラサー」の楽しさだと気づきました!

カレー「サンラサー」新宿 わんぱく

そしてスッと出てきた大きな丸皿のカレー「わんぱく」がこちらです。

カレー「サンラサー」新宿 わんぱく 1

手前がココナッツチキンキーマカレー。右奥がサーグアールー(ほうれん草とジャガイモのカレー)ですね。カレーって黄色いものだと思っていると、ここで「おお!」となります。

白いキーマカレーに薄い黄色のチーズがのり、バーナーで炙られてトロトロになっている! ゴクリ!

カレー「サンラサー」新宿 アチャール

アチャールはレモン、長芋、大根、青いパパイヤ、そして鶏モツでした。フルーツがのっているようにも見えますが、食べるとしっかり漬物風です。

カレー「サンラサー」新宿 わんぱく 2

ほうれん草のカレーはしっかりとほうれん草の味がします。しっかりとほうれん草なのだけど、味はやっぱりカレー。オープン、ニュー、カレーワールド、です。

トロトロ炙りチーズがたっぷりとかけられた、ココナッツチキンキーマカレーも美味い!

なるほど、どちらのカレーも、いわゆるスパイシーで辛いカレーとは方向性が違い、とても優しい味わいのカレーなのです。刺激を求めるカレーではなく、優しさを感じるカレーですね。

これなら週替りカレーとあいまって、足繁く通う常連さんも頷けます。食べるとホッとするカレーだったんですね。

さらに週替わりのカレーとなると、足繁く通う常連さんが多くいるというのも頷けます。うんうん。

さまざまな種類があるアチャールにもびっくりしました。これがまたカレーに合うのですが、ご飯、カレー、アチャールをゴチャッと混ぜて食べると、スパイスと酸味が素晴らしく団結力を発揮してくれるのです。

特にアチャールのレモンと鶏モツには驚かされました。初訪問なら「わんぱく」を注文して、フルに「サンラサー」のカレーを堪能するのがオススメかもしれませんね!

さすがの「わんぱく」でかなり満腹になり、美味しいと評判のデザートのブリュレにはたどり着けませんでした。次回はぜひ「あいがけ」にして、デザートまで頂きたいと思います。

都内に行くタイミングを見計らって

本当に感動したカレーでした。ぼくも常連といかないまでも、ランチタイムに都内に行く機会があるなら、予約して「サンラサー」にお邪魔したいなぁ、と思っているくらいです。

カレー「サンラサー」新宿 外観 2

ただ、ハードルを上げるわけではないのですが、小さなお店でマリコさんが一人で切り盛りされているので、いくつか注意点もあるそうです。

香水や香りの強いものを使用している人、食事後も席を譲らずにずっと喋っている人、店主の許可なく店内などを撮影する人、これがなぜダメか分からない人は入店NGです。

まあ、みんなが気持ちよく「サンラサー」で食事するための、普通の約束事だと思います!

なお、営業日は毎日ではありませんのでご注意を。公式サイトにカレンダーがあるのでチェックしてくださいね。

次はどんなカレーに出会えるのかな? 楽しみすぎます!

ごちそうさま!!!!!

2019年4月29日に「サンラサー」再訪

新宿に行く用事があったのと、どうしても「サンラサー」のカレーがまた食べたくなり、Instagramのメッセージから予約させて頂いて、再訪してきました! マリコさんが覚えててくれた、良かったー!

カレー「サンラサー」新宿 再訪 1

この日のカレーは、

・ココナッツチキンキーマカレー
・アミラー(オリッサ州のサラサラの野菜カレー)

という2種類のカレーのラインナップです。

カレー「サンラサー」新宿 再訪 2

今回はデザートも食べたかったので“わんぱく”ではなく、カレーが2種類の“あいがけ”にしてみました。

カレー「サンラサー」新宿 再訪 3

イエローとグリーンが、なんともかわいい!

美味しいだけでなく、見た目も楽しくなってしまうカレー、それが「サンラサー」のカレーです!

カレー「サンラサー」新宿 再訪 4

これがココナッツチキンキーマカレーです。前回は炙りチーズがのっていましたが、今回はしっかりキーマカレーが見て分かります。

カレー「サンラサー」新宿 再訪 5

オリッサ州のサラサラの野菜カレーだという、アミラーです。これは本当にサラサラだ‥‥知らなければ野菜スープだと思いますね、これは。でも味わうとしっかりカレーなのです。スパイスって不思議。

カレー「サンラサー」新宿 再訪 6

そして、この日、いきなり作られたというクリーミーエビカレーもサービスでかけて頂きました!

もうエビはいなくてソースの部分だけだったのですが、エビの旨味のこれがまた‥‥これがまた美味いカレーなんです!!

クリーミーエビカレーは突発的に登場したようで、この日に「サンラサー」に行けた人はラッキーさんだったようです。

エビカレーは初めて食べましたけど、これはびっくりの美味しさだったなぁ。またメニュー入りすることがあれば、ぜひとも食べに行きたい!

カレー「サンラサー」新宿 再訪 7

“あいがけ”にしていたのは、この「栗〜むブリュレ」にたどり着きたかったから。普段は甘いものはあまり食べないのですが、栗、特にモンブランとか好物でして。

カレー「サンラサー」新宿 再訪 8

優しい栗の甘みが最高でしたねぇ。コーヒーにも合いました。

来週のカレーはなんでしょうか? って、毎週のように通う常連さんの気持ちがよく分かりすぎる!!

ごちそうさま!!!!!!

「サンラサー」の住所・地図

>>SANRASA(サンラサー) – 1日30食限定、そのうち10食は前日15時~先着予約制

住所:東京都新宿区新宿6-27-17 カノープス新宿 3F

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【激辛の向こう側】中華ダイニング「陳家私菜」超旨味と超辛味を高次元で両立させた“頂点石焼麻婆豆腐”の天獄【渋谷】

次へ

Amazonが87時間のビッグセール「タイムセール祭り」開催中(4/23まで)