Edogin 6024

サントリーから「知多 風香るハイボール」を飲む会にお誘い頂き、ハイボール専門店の次はせっかくなので和食とのマリアージュということで、元寿司屋だったという「江戸前ビストロ EDOGIN(新橋)」に移りました。和食だけでなく肉料理も美味しくて、新橋に行ったら立ち寄りたい店がまた増えてしまいました。ハイボールだけでなく、ワインも飲める店ですよ。

「江戸前ビストロ EDOGIN(新橋)」刺身とラムチョップを食す

Edogin 6015

江戸前ビストロ。階段を上ると、テーブル席とカウンター席の縦長の店があります。横長というのかな。そんなに広くありませんが、それにしても常時満席。大人気でした。

Edogin 6039

掲げられているのは、寿司屋時代の看板なのでしょうね。元寿司屋ということもありますので、やはり刺身には期待してしまいます。

Edogin 6017

肉料理には黒ワインの「カーニヴォ」がプッシュされていました。このワインも美味しいですよ。黒ワインに興味がある方は「TORO TOKYO(銀座)」異国を感じるメキシコ料理の店で肉専用黒ワイン"カーニヴォ"を飲みながら肉塊を食べてきた!もどうぞ。

Edogin 6021

乾杯は「知多ハイボール」で。「知多ハイボール」の専用グラス、いいですね。ちょっと欲しくなりました。

Edogin 6022

お通し。そうそう、こういう卵料理にも「知多ハイボール」は合うんですよ。

Edogin 6023

そして早速、刺身と「知多ハイボール」のマリアージュです。刺身はわさびではなく、青唐辛子を醤油に入れていただきます‥‥が、このピリ辛具合が美味い! 少量でけっこうピリリとするので入れすぎ注意ですが、このピリ辛したところに「知多ハイボール」を流し込むのが最高です。

Edogin 6025

いいなぁ。「知多ハイボール」自体は爽やかで、強い味わいの主張はしてこないので、本当に素材を楽しむのにもってこいです。

Edogin 6026

海老クリームコロッケアメリケーヌソース。って、美味しくない訳がないです。海老クリームですもの。

Edogin 6028

身がプリプリ。ソースも美味い。

Edogin 6032

ラムチョップ。肉料理もオーダーしたので、せっかくなので「カーニヴォ」も頂きます。

Edogin 6030

うーん、いい。濃厚&濃厚で、ワインとラムの素敵なマリアージュとなっています。

Edogin 6034

ラム肉がこんもりマウンテンしているのもいいですね。

Edogin 6035

ラムチョップは少し時間がかかりますので、早めに注文しておくと良いでしょう。

Edogin 6036

最後は口中の脂もさっぱりするために「響ハイボール」で。「知多 風香るハイボール」との、モルト感の違いを感じつつ。

Edogin 6037

まさにビストロ。お店の雰囲気も良いですし、料理も美味しかったですし、ここは新橋に来たら立ち寄りたいお店です。ただ、常に混んでる感じだったので、グループで行くなら予約必須ですね。わいわいとビストロデートも楽しいです、きっと

ちなみに、日本初の女性ふぐ調理師や世界のヘルメットブランド「SHOEI」を作り上げたのが「江戸銀」2代目、3代目だったと知ってから行くと、また料理を食べるのも楽しくなるかも!?

ごちそうさま!!!!!

江戸前ビストロ EDOGIN(新橋)

関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅汐留駅内幸町駅