Kininaruki 4880

ネタフルで「店名非公開」として度々ご紹介している渋谷・道玄坂の隠れ家居酒屋ですが、半月ほど前にも再訪しておりました。なぜしばしば足を運んでいるかというと、美味しくてこんなに安くていいのと驚きがあるのはもちろんですが、季節ごとに店主が足を使って探してきた食材が色とりどりに使われ、月一くらいで通うのが本当に楽しみなのです。

熟成マグロのような定番メニューあり、仕入れが安かったらということで出会えた料理あり、もちろん旬の食材もありということで、四半期に一度くらいじゃ足りないのです。今回の目玉は写真にもありますが、新鮮な鶏モツ。これをしゃぶしゃぶで。見るからに美しく美味しそうな鶏モツのお話です。

追記:店主に相談して店名公開です。「きになるき」店名非公開の渋谷・道玄坂の隠れ家の店名公開 〜予約方法という記事を書きましたので、予約方法などはそちらをご覧ください。

5,000円でコースの食事&飲み放題の衝撃

こちらの隠れ家の何が凄いかというと、5,000円という値段の中で店主が全力でお客さんを旨味の海に溺れさせてくれるところでしょう。5,000円というのは、日本酒を含む飲み放題もついているのだから驚きなんです。

でも、この価格で旨いものを提供するため、店主は足繁く築地に足を運び、安くて美味しいものを探す毎日なのです。本当に感謝です。

Kininaruki 4860

ビールも洗浄が行き届いたサーバーから、ビールと泡のバランスにもケアして注いで供されます。旨い。

それでは食べた料理をご紹介します。

Kininaruki 4861

冷製のキーマカレー。脂抜きをしているので、脂の塊がありません。丁寧な仕事をした逸品。

Kininaruki 4862

それをサラダを食べるような感覚で頂きます。

Kininaruki 4863

続いて水茄子。水茄子だけで食べても甘いすぎるくらい甘い。フルーツのような水茄子でした。

Kininaruki 4864

こちらは定番になりつつあるアボカドを出汁に漬けたもの。もともとアボカドは好物なのですが、まさかこんな食べ方があったとは。冷製です。

Kininaruki 4865

店主の正田さんが調理をしながら説明をしてくれるのも、この店の醍醐味です。素材の説明、調理方法の説明など、耳でも料理を楽しませてくれます。

Kininaruki 4866

肉塊! チャーシューです。

Kininaruki 4867

ほんのりピンクが美しいです。これで3人前。料理のボリュームがあるのも、この店の特徴です。

Kininaruki 4868

とろとろのふわふわのやわやわ、脂が口の中でとろけていきます。

Kininaruki 4869

定番となった、熟成したマグロの尾の身。尾の身だからこそ安く手に入るし、それを仕入れてくることができるのも、日頃の築地通いの賜物なのでしょう。

Kininaruki 4870

徐々にカットされていく様子も見せて頂けます。

Kininaruki 4871

棒状のままかぶりつきたい。

Kininaruki 4872

そして登場。完全にマグロのもりもり盛り合わせです。

Kininaruki 4874

脂が多い部分は塩で食べるのがオススメ。ねっとりと濃厚な脂の味わいを、シュッと塩が引き締めます。

赤身は大分のフンドーキン醤油で、わさびとともに。フンドーキン醤油は甘い醤油なのですが、これがまたこの熟成したマグロに合うんですよ!!

Kininaruki 4875

熟成して濃厚なマグロは日本酒と共に。

Kininaruki 4877

美味しいマグロをちょろっとではなく、本当に心ゆくまで食べられるのが幸せなのです。

Kininaruki 4879

続いては、鶏モツのしゃぶしゃぶの準備です。

Kininaruki 4881

どうですか、このプリップリな感じ! 鮮度抜群の鶏モツです。しかもしゃぶしゃぶしちゃう。初体験。

Kininaruki 4883

すき焼き風の味付けの鍋をクツクツとさせ、そこにキンカンを入れ、さっと火を通し、すぐに取り出します。

Kininaruki 4884

取り出したキンカン。

Kininaruki 4885

プチュッとやって、玉子の代わりに。しゃぶしゃぶのようにサッと鶏モツは湯通しするだけなのですが、味付け、食べ方はすき焼き風です。

Kininaruki 4886

ふわわわわわ、幸せ! 鶏レバーが特に感動的でした。

Kininaruki 4887

もちろんお酒も忘れてないですよ。日本酒、焼酎も飲み放題のものがあるので、いろいろと味見します。特に焼酎は店主が鹿児島まで買い付けに行くほどこだわりがあり、さらにそれを自宅で寝かせているそうなので、オススメを聞いてみると良いでしょう。

Kininaruki 4888

〆は生麺の袋麺が登場です。これもお馴染みになってきたでしょうか。この袋麺も程よい硬さで茹でるとたまらなく旨くて、呑んだあとの〆に食べるのにぴったりなんです。

Kininaruki 4889

茹でた麺に生卵を投入。

Kininaruki 4891

先ほどのすき焼き風のスープをかけて‥‥

Kininaruki 4893

混ぜて‥‥

Kininaruki 4895

胡麻をたっぷりかけて‥‥

Kininaruki 4896

いい具合に締まる!

ということで、本当に舌と心が満足する夜でした。ごちそうさま!!!!!

もしブログの記事が話題になって予約が増えると、常連さんや(電話対応で)営業に支障が出るのではないかと思い「店名非公開」として紹介していたのですが、そろそろ落ち着いてきているかな、とも思います。そのあたり、次回の再訪でマスターに相談してみようと思っています。

店名が気になる方は、過去の記事にヒントを書いていますので、ぜひそちらを読んでみてください。

もし店名が分かったらFacebookで検索し、予約方法を確認してください。予約のための連絡はFacebookメッセージのみとなっています。予約の記録がきちんと残ることにもなるそうなので、よろしくお願いします(予約日時を勘違いしてしまう人もいるそうなので)。

↓過去の記事

>>【店名非公開】塩で食べる新鮮なマグロがとけるように美味い!ほんのりピンク色のチャーシュー、レアな牛肉のウニ巻き、極めつけはタコのおでん。焼酎や純米酒も飲み放題で脅威の5,000円【渋谷道玄坂の隠れ家】

>>【店名非公開】か、牡蠣と牛肉だと!?牡蠣の肉巻き・きんかんのフリッター・ウニの肉巻きからのカレーで昇天!コスパ最強の渋谷道玄坂の隠れ家

>>【店名非公開】熟成マグロにホタルイカのしゃぶしゃぶ!築地に足繁く通う大将が創りだすお任せ料理の5,000円飲み放題コースが素晴らしいから再訪&再々訪