Kininaruki 2308

店名非公開としてブログに書いた「渋谷道玄坂の隠れ家」を、徐々に訪れる人が増えてきました。周囲の人はもちろん、ブログを読んで謎解きをした方などから「美味しかった!」「エルドラドか!」といった感想が届いています。素晴らしい店を共有できて、ぼくも本当に嬉しいです。

かなりお客さんも増えてきているようですので、予約して行くのが確実です。確実ですし、大将のお任せ料理に飲み放題のついた5,000円のコースが本当にお得ですので、予約をして行くべき、と書いておきたいと思います。

記事の最後に店名のヒントを書きますので、ぜひとも男の小料理を味わいに行ってくださいね!

追記:店主に相談して店名公開です。「きになるき」店名非公開の渋谷・道玄坂の隠れ家の店名公開 〜予約方法という記事を書きましたので、予約方法などはそちらをご覧ください。

男の小料理!渋谷道玄坂の隠れ家

3月と4月にそれぞれ1回ずつ貸切しましたので、その時の様子を写真で振り返りたいと思います。まずは3月から。

きになる3月貸切編

Kininaruki 2294

浦和に縁のある大将、正田さん。いつもバンダナがお洒落です。

Kininaruki 2295

ビールで乾杯。こちらの生ビールが美味しいのは、訪れると分かります。クリーミーな泡、やはり掃除や注ぎ方が違うのです。

Kininaruki 2296

自家製の牡蠣味噌。ちびりちびり。これは間違いなく日本酒ですね。

Kininaruki 2297

鶏むね肉のチャーシュー。仕入れによって豚だったり鶏だったり。どちらも美味いです。

Kininaruki 2298

すぐに日本酒モードに。

Kininaruki 2299

もはや店の看板料理といっても過言ではないマグロの尾の身。足繁く築地に通い、そしてこの部位だからこその価格、味わいなのです。マグロの刺身に対する価値観が変わってしまうかもしれません。ぼくは変わりました。

Kininaruki 2302

はわわわ、カウンターの向こうにはレッドカーペットが!

Kininaruki 2303

これです。

Kininaruki 2304

これが熟成されたマグロの尾の身の刺身です!!

冷蔵庫ではなく、氷で熟成するというここだわりで、食べたことのない柔らかい食感、と旨味を堪能することができるのです。塩で食べたら、わさび醤油で食べるのがオススメ。

大分のフンドーキン醤油を使っているのですが、甘いあじわいがマグロのもはやトロ的な赤身にベストマッチ。この組み合わせに気づいた大将に感謝!

Kininaruki 2306

日本酒も進みます。

Kininaruki 2307

続いては牛肉が炙られます。

Kininaruki 2308

牛肉を炙ったら、これ! 牡蠣の牛肉巻きです。海のものと山のもの、本当にどうしてこの組み合わせなのか不思議だったのですが、ひとたび口に入れればゴートゥーヘブン。

牡蠣の塩気で牛肉を味わう‥‥塩の代わりが牡蠣という、なんたる贅沢な一品。いつまでも口のなかから消えないで欲しい‥‥。

Kininaruki 2310

キンカンのフリッター。これまた絶品。口の中でキンカンがプチッと弾けます。とろ〜り、黄身が最高です。

Kininaruki 2311

シンプルだけど驚いたのが、アボカドの漬物。出汁に漬け込んであるのだそうですが、くんにゃり柔らかいアボカドが出汁をたっぷりと吸い込み、なんとも言えない味に変化しています。すげぇ、アボカドの可能性がすげぇ!

Kininaruki 2313

しゃぶしゃぶで食べるワラサ(ブリ)を、まずは刺身で。美味い。

Kininaruki 2315

そしてメインのブリしゃぶです。

Kininaruki 2316

くつくつくつくつくつ。

Kininaruki 2319

さっと湯に通して食べる。オリジナルのポン酢で食べる。絶品! 甘い醤油とダイダイで作っているので甘酸っぱいポン酢なのですが、それだけを単体で飲みたくなるような美味さです。

Kininaruki 2323

これで終わりかと思いきや、牛肉まで出てきてしまいました。出汁の出たしゃぶしゃぶのお湯に、牛肉をくぐらせれば、トゥーマッチデリシャス!

最後にデザートが。

Kininaruki 2325

牡蠣の肉巻きを食べたのに、ウニの肉巻きまで出てきてしまいました。本当にここは天国か!?

きになる4月貸切編

続いて4月の貸切の様子です。実は当初、もう4度目だし写真は撮らずに食べることに集中しよう‥‥と思っていたのですが、やはりマグロから撮らずにおられなくなってしまいました!

Kininaruki 3366

お馴染みのマグロの尾の身。本当に美味いんです。このこのこの! 大将の熟成上手!

Kininaruki 3367

今回は特に、トロ的な部位、大トロ的な部位が多かったようで、写真的にも最高です。

Kininaruki 3368

フォトジェッニック過ぎるマグロ。

Kininaruki 3369

いつものように塩で頂いてから、甘いフンドーキン醤油です。我が家にもフンドーキン醤油を常備したいくらい美味いです。口の中でとろけるマグロの甘さに、醤油の甘さが相まって、美味さは2倍にも3倍にも!

Kininaruki 3370

留まることを知らない大将の料理は続きます。

Kininaruki 3371

富山の白えび。まさか食べられるとは。これはビールですね。

そして、この日のメインは!

Kininaruki 3373

富山産ホタルイカのしゃぶしゃぶです。これを食べてみたかった!

Kininaruki 3375

ホタルイカを軽く泳がせて(10秒だったかな?)、食べる!

Kininaruki 3378

途中、爆発しちゃう個体も出てくるのですが、それはそれでいいのです。後のお楽しみに。

Kininaruki 3377

オジさんたちもご満悦。

Kininaruki 3379

オリジナルのポン酢で食べるー! 美味いー!

たっぷりとホタルイカのしゃぶしゃぶを頂いてしまいました。こんなにホタルイカを食べたのは初めてかも。

Kininaruki 3380

そして、驚いたのが〆です。なんと生ラーメン。市販の麺ですがと大将は謙遜していましたが、実にこれが美味い麺でして。

Kininaruki 3382

先ほどのホタルイカが爆発して出汁になったスープに麺を投入すれば?

Kininaruki 3384

最高のラーメンの完成だー! 最高すぎるー!

Kininaruki 3385

花椒も入れたりして‥‥

Kininaruki 3387

爆発したホタルイカのワタまで余すことなく、全てのスープを頂きました。ごちそうスープでした。

そして、この日もデザートはこれ。

Kininaruki 3388

ウニの肉巻き。満腹だけど、もちろんデザートは別腹です。

Kininaruki 3389

牛肉にウニの塩気がばっちりです。口の中でウニと牛肉が、こんにちは、さようなら、と言っているのが聞こえてくるようです。美味い美味い美味い!

以上、2ヶ月分の「渋谷道玄坂の隠れ家」で食べたり呑んだりしたものをお伝えしました(実際にはもっとたくさん呑んでいる)。

ちなみに5月6日、7日はまだ席の余裕があるようですので、ゴールデンウィークのお楽しみにいかがでしょうか? 温泉に行って帰ってくる以上の癒やし効果が期待されます!

最後にお店のヒントです。ぜひググッてくださいね。

お店のヒント:この〜木なんの木♪ンフフフフ〜♪

次のような記事も書いています。

【店名非公開】塩で食べる新鮮なマグロがとけるように美味い!ほんのりピンク色のチャーシュー、レアな牛肉のウニ巻き、極めつけはタコのおでん。焼酎や純米酒も飲み放題で脅威の5,000円【渋谷道玄坂の隠れ家】

【店名非公開】か、牡蠣と牛肉だと!?牡蠣の肉巻き・きんかんのフリッター・ウニの肉巻きからのカレーで昇天!コスパ最強の渋谷道玄坂の隠れ家

ごちそうさま!!!!!!

追記:5度目の訪問です! 渋谷・道玄坂の隠れ家で食べたものを淡々と記録するよ