Shibuya kininaruki 2238

前回の訪問から間髪入れず、またもや行ってきました「渋谷道玄坂の隠れ家」に。マスターに聞いたところ、ネタフルのヒントをクリアして訪問しているお客さんも増えているらしいです。本当はスパッと店名を書きたいのですが、カウンターのみの小さな店ですので、断腸の思いで今回も内緒のお店とさせて頂きます。

ただ、最後には再びヒントを書きますので、ぜひとも男の小料理を食べに行ってください。予約必須ですが、これだけの料理を食べて純米酒や鹿児島の焼酎まで飲み放題で5,000円なんて、本当に信じられないんです。謎を解く価値、大いにありますよ!

追記:店主に相談して店名公開です。「きになるき」店名非公開の渋谷・道玄坂の隠れ家の店名公開 〜予約方法という記事を書きましたので、予約方法などはそちらをご覧ください。

渋谷道玄坂の隠れ家

Shibuya kininaruki 2225

マスターはビールマイスター的な資格を持つ店で修行されていたそうなので、道理でビールが美味い訳です。

Shibuya kininaruki 2226

お通しは鶏ハムで。しっとりとビールに合います。

Shibuya kininaruki 2227

「今日はこれをフリッターにしますから」と見せてくれたのが、漬け込んでいる最中のきんかんです。きんかんのフリッター、食べたことありません。鶏モツで食べるくらいですね。

Shibuya kininaruki 2228

そして本日も登場、マグロの尾の身。これも熟成させているのですが、冷蔵庫ではなく氷で冷やしながらの熟成だそうです。凍るか凍らないかギリギリってことでしょうか。後で塩で食べるところを想像すると‥‥じゅるる。

Shibuya kininaruki 2229

ビールに続いて日本酒。純米酒手取川吉田蔵。基本的には料理もお酒もマスターお任せで、幸せになれると思います。

Shibuya kininaruki 2230

さあ、先ほどのマグロが出てきました!!

Shibuya kininaruki 2231

3人分ですが、かーなーりたっぷりの刺身です。微妙に部位が違うというか、脂が多めだったり、赤身だったり、味わい、風味が異なります。それにしても美味い。熟成、最高。

Shibuya kininaruki 2232

大分の甘めの醤油で頂くのも良いのですが、マスターチョイスのMaldonという塩がこれまた合うのです。つまみになる系の塩でもあります。

Shibuya kininaruki 2233

「牡蠣は大丈夫ですか」とマスター。大丈夫じゃない訳がありません。ぷりぷりっの牡蠣を見せてくれます。

「牡蠣にこれです」

Shibuya kininaruki 2235

え、肉ッ!?

牡蠣に肉!?

ウニの肉巻きは出す店が増えてきましたが、さすがに牡蠣の肉巻きは!? 牛肉とあんなにおおぶりな牡蠣が合うのだろうか‥‥ちょっとドキドキします。

Shibuya kininaruki 2236

そして次の日本酒に。飲み放題だけど、けっこうな量で日本酒も出てくるんですよ。

Shibuya kininaruki 2237

マスターが牡蠣を炙ってます。

そして! ついに!

Shibuya kininaruki 2239

牡蠣が牛肉のベッドでスリーピングしています。この状況、なんといったら良いのでしょうか。海のものと陸のもの、牡蠣と牛肉。

恐る恐る口の中に運ぶと‥‥キラーーーーーン☆☆☆

う、旨すぎるーーー!!!!!

牛肉は塩で食べることがありますよね。あの塩の代わりが牡蠣なんです。豪華すぎる塩ですが。だから牛肉と牡蠣のコンビネーションが最高に旨味になる訳です。もちろん、ただの塩気では終わりません。牡蠣のミルキーな味わいも口に広がります。牛肉、塩、牡蠣、ミルク、口の中からなくならないで欲しい!!

Shibuya kininaruki 2240

サプライズの後にはしいたけです。これまた大きなしいたけです。肉厚で美味しそう。どう調理されるのか?

Shibuya kininaruki 2241

フリッターでした。さくさく、カラッと、そしてしいたけがジュワ~。あくまでもフリッターなんです。これはいい。

Shibuya kininaruki 2242

さらなるフリッターが登場しますが、これが先ほどのきんかんです。きんかんというのは、鶏の体内にある卵になる前のものです。それをフリッターにするとどうなるのか?

「かじらないで一口でたべてください」とマスター。

了解! 口に放り込みひと噛み‥‥プチンッ。あ、弾けた! きんかんが弾けた!

そこに濃厚な卵黄の味わいが広がっていきます。ああ、正解。これはフリッターで大正解です。旨い。

Shibuya kininaruki 2244

そして獺祭。燗酒用ですが、冷でも美味しいということでそのまま頂いてみると、確かに冷でも美味しいです。

そしてもう一度、肉料理です。これはあらかじめリクエストしておいたもの。

Shibuya kininaruki 2245

前回、たいそう美味かったウニの肉巻きです。

Shibuya kininaruki 2246

これまた口の中から消えないで欲しい系の料理ですが、またしても旨い。もう旨いしか言ってないですが、旨いんだから仕方ない。先ほどの理論でいくと、牛肉を食べるにあたってウニの塩気がいい感じにきいています。そしてウニは塩気だけじゃありませんよね。独特のウニの味が、次の日本酒を呼びこむのです。はああああああ。

〆はこちら。

Shibuya kininaruki 2247

カレーです。斜めにしてもどろんと垂れることなく、しっかりしたカレーが二日間の煮込みの後に誕生しております。もともとはもつ煮を作ろうと思っていたそうですが、これはカレーだとインスピレーションにより変更。

それがこちら!

Shibuya kininaruki 2249

オムカレーになっちゃった!!

Shibuya kininaruki 2250

複雑なスパイスを、ふわふわの卵が受け止めてくれます。肉もたっぷり。いつもカレーがある訳ではないと思うので、いい日に当たりました。トロトロの卵でコーティングされた白米を、じっくり煮込んだスパイシーなカレーで食べる。至福です。

Shibuya kininaruki 2251

〆はマスターオススメの鹿児島の焼酎をお湯割りで。そうか、焼酎だとお湯割りができるから、冬はもっと積極的にお湯割りを呑むと良さそうだなぁ。たくさん食べて、冷たいものも呑み、〆にカレーで身体をホットにし、お湯割りでじんわりとあたたまる‥‥パーフェクトです。

とまあ、こんな感じでマスター創意工夫の旨いものを食べ、さらにマスターオススメの旨い酒を呑み、5,000円だというのですから、本当に驚愕の店です。みんなに教えたいけど、教えたくない、このジレンマはいつまで続くことになるのでしょうか。マスターのうんちくも聞きながら料理を食べたいから、絶対にカウンターだけの方がいいしなー。

ラーメン王の小林さんもジレンマに陥っています。

次の予約もしてあります。ごちそうさま!!!!!!

お店のヒント:この〜木なんの木♪ンフフフフ〜♪

前回訪問の【店名非公開】塩で食べる新鮮なマグロがとけるように美味い!ほんのりピンク色のチャーシュー、レアな牛肉のウニ巻き、極めつけはタコのおでん。焼酎や純米酒も飲み放題で脅威の5,000円【渋谷道玄坂の隠れ家】もどうぞ!

【店名非公開】熟成マグロにホタルイカのしゃぶしゃぶ!築地に足繁く通う大将が創りだすお任せ料理の5,000円飲み放題コースが素晴らしいから再訪&再々訪も書きました!

追記:5度目の訪問です! 渋谷・道玄坂の隠れ家で食べたものを淡々と記録するよ