Sakelife 0025

「SAKELIFE」から日本酒が届きました! ハァハァ。この度、日本酒のある生活を楽しむコンシェルジュサービス「SAKELIFE」のモニターに抜擢頂きまして、3ヶ月間に渡り、日本酒のある生活を楽しませて頂くことになりました。

「SAKELIFE」とは?

「SAKELIFE」は、定額制で毎月日本酒が送られてくるサービスです。それだけだと単なる日本酒宅配サービスになってしまうのですが、ちょっと違います。「SAKELIFE」は、日本酒にまつわる様々なことをアドバイスしてくれるコンシェルジュがいるサービスなのです。

基本は月一回、メールマガジンと厳選された日本酒が送られてきます。隔月では酒器も届きます(今回は特別に徳利とお猪口の2つを送って頂きました)。で、このメールマガジンがいいんですよ! 実はちょっと舐めてました。すいません。

Sakelife 0018

というのも、通り一遍の情報が書かれているだけなんじゃないかと思っていたのですが、蔵への思いや送られてくる日本酒に合わせる肴のこと、とにかく日本酒が好きな人が書いているんだということがヒシヒシと伝わってくる内容で、今回は日本酒よりも先にメールマガジンが届いたのですが「早く呑みたい!!」と思ったほどでした。

酒器が届くのも嬉しいです。いざ日本酒を呑もうと思った時、もちろん湯のみとかでもそれはそれで風情があるといえば風情があるのかもしれませんが、日本酒が届いた瞬間に酒器も届いて、事前にメールマガジンで情報もゲットしていて、となるといきなりスタートラインに立てる訳ですよ。飲ん兵衛の。これ、組み合わせ的には最高なんじゃないですかね。

しかも、分からないことがあればサポートもして貰えるという、完全に飲ん兵衛養成セミナーみたいな感じにもなる訳ですから、日本酒にこれからハマりたい人にもウッテツケデス。

「SAKELIFE」届く!

Sakelife 0013

4月某日、荷物はこんな感じで届きました。

Sakelife 0015

実はメールマガジンで届くお酒のことは分かっていたのですが、それでもワクワクドキドキしながら開梱しました。

Sakelife 0021

中から出てきたのは静岡県の志太泉酒造のお酒「純米吟醸 志太泉」です。メールマガジンによると「SAKELIFE」の若旦那が初めて、契約した蔵ということで「思い入れのあるお酒が送られてきたんだな」と思いました。

Sakelife 0023

商品名 志太泉-純米吟醸
使用米 兵庫県産山田錦
精米歩合50%
アルコール度数:15~16度

さらに言うと、事前に「志太泉」に合う肴もメールマガジンから情報を得ておりました。曰く、旬の刺身や、静岡が豆腐の産地であることとから豆腐がいいと聞いておりましたので‥‥。

Sakelife 0009

準備OKです!

てな具合に万全の準備を整えておくことができる訳です。

「SAKELIFE」があると楽しい

またまたメールマガジンによると「肴もお酒に合わせてすっきりさせた方が、より美味しく飲める」ということでして。さっぱりと豆腐を食べ「志太泉」を口に運び、そして「志太泉」を口に運んだら刺身を口に‥‥という具合に、サラリと2合を呑んでしまいました。酒も肴も美味い!

実はここ2年ほどは、一人酒(ソリスト)を禁止してまして、自宅も例外でなく、晩酌はしていなかったのです。なので、久しぶりに自宅でゆっくりと日本酒を呑んだのですが‥‥いいなぁ、日本酒のある生活。と思ってしまいました。しかも、日本酒コンシェルジュの選んでくれた日本酒のある生活。

いざ日本酒を買おうと思っても、自宅近辺だと店も限られてしまうんですよね。そうなると、置いてある銘柄も同じものになりがちだったりして。かといってラベル買いするような冒険も難しかったりする訳です。こんなこと書いちゃ申し訳ないかもしれませんが、これまでの日本酒遍歴からすると、まず自分では「志太泉」は選ばないと思うんです。

でも選んで貰った。呑んだら美味かった。だから、そういう感動も「SAKELIFE」の感動にかなり上積みされました。知らなかった日本酒との出会い。これ、けっこう感動的です。

「SAKELIFE」を始めるには?

気になる料金のプランはこんな感じです。

2014 04 10 1641

日本酒だけが届くことを考えると、決して安くないかもしれまん。が、隔月で酒器が届いたり、メールマガジンで情報が届いたり、質問もできたりすることを考えると、月に一回外呑みを止めて、家でサケライフするというのもありなのかな、と思います。

今回は欲張って「ぐい呑み」コースにしましたが、たまの家呑みなら「ほろ酔い」コースでも十分かもしれません。

居酒屋でも「オススメの純米酒ありますか?」なんて、よくやるじゃないですか。あれの代わりに、日本酒コンシェルジュが「これどうですか!」って、自信の酒を送ってくれる訳です。店もいい。店もいいけど、酒器を選んだりとか、肴に心を配ったりとか、今回、改めて家呑みの良さというのも再確認しました。

ちなみに、メール一つで解約できるそうなので、とりあえず申し込んで1ヶ月だけ試してみる、というのも可能です。

いやぁ、来月はどんな日本酒が届くか楽しみだなぁ。

SAKELIFE -美味しい日本酒を厳選して毎月お届けする定期購入サービス-

2014 04 10 1649