浦和の食べ物といえば、鰻です! ここは譲れません! 実際、浦和の鰻屋は数が多いのですが、今回のさいたまツアーでは南区の「小島屋」にお邪魔しました。

店のつくりも味わいがあります。歴史を感じます。老舗です。駐車場も広いです。

浦和うなこちゃん像がいました。

蒲焼!!

長い廊下。田舎の祖父母の家を思い出します。

広い部屋に案内して頂きましたが、ますます高まる実家感! 気持ちも盛り上がります。

心地よい風が通り抜ける庭に面しています。

さあ、鰻を食べますよ!

と、その前に、鰻を焼くところも見学させて頂きました。炭火で焼いてますが、これは夏場は大変そうです。

まずは白焼きから!

皮はカリカリ、身はフワフワ、噛むと脂がじんわりして美味しいです。昼からビールが進みます。

肝吸いもありますよ。

そして!

お待ちかねの!

うな重〜〜〜!!

カパッ。

てらてら〜!

うほっ!!

うなぎ〜、パクリ。

はぁぁぁぁ♡

やっぱり浦和の鰻は美味しいです。ザクッ、フワッ、ジュワッ、ン〜!

浦和に住んでても頻繁に鰻は食べられる訳ではないのですが、たまに食べたいですね〜。

タレがしみたご飯も最高。

浦和で鰻! 鰻! 鰻!

ごちそうさま!!!!!

最後に社長に話をお聞きました。

浦和は知る人ぞ知る鰻の街。鰻のシラスの状態がよくない。スーパーでも売るようになって取りすぎてしまった。専門店で扱う分には問題ない。世界的な問題になると難しい問題もあるが。政府も鰻を守ろうとしているので大丈夫だと思う。

鰻は宮崎産、鹿児島産が多い。暖かい方が柔らかい鰻が育つ。最初は浜松だった。丑の日を前に鰻の少ない時期ではある。

小島屋はどちらかというと、関西に近い味になっている。歯応えを残すように。今は五代目。

Ranking うなぎ | 南浦和駅


Posted from するぷろ for iPhone.