スポンサードリンク

「Safari 5」機能拡張のインストールと使い方

スポンサードリンク

2010-06-11_1017.png

「Safari 5」では機能拡張(Safari Extensions)の利用が可能になりました。その機能の使い方と、インストールの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

まず、メニューから環境設定を開きます(⌘ + ,)。

2010-06-11_1018.png

「メニューバーに"開発"メニューを表示」にチェックを入れます。メニューに「開発」が表示されます。

2010-06-11_1019.png

表示された「開発」から「機能拡張を有効にする」を選択してチェックをつけます。これで機能拡張の利用が可能になります。

再び「環境設定」を確認すると「機能拡張」というタブが加わっているのが分かります。

それを開くと、次のような画面になります。

2010-06-11_1021.png

ここでインストールしている「機能拡張」を確認することなどができます(機能をオンにした直後は何もインストールされていません)。

それでは、どこから機能拡張をインストールするかということですが、夏の終わり頃に公式にギャラリーサイトがオープンするようですが、それまでは「Safari Extensions」のようなサイトを利用すると良いようです。

2010-06-11_1024.png

数多くの「Safari Extensions」がクリッピングされています。

実際に「機能拡張」をインストールする方法ですが、サイトからダウンロードします。例えば「Gentle Status Bar」を試してみます。

2010-06-11_1027.png

「機能拡張」をダウンロードします。

2010-06-11_1028.png

「gentleStatus.safariextz」というファイルがダウンロードされるので、インストールするにはこれをダブルクリックします。

2010-06-11_1029.png

「インストール」を選択すれば、インストールは完了です。

2010-06-11_1032.png

「環境設定」から「機能拡張」を開くと、インストールされていることを確認できます(「Gentle Status Bar」はやや不安定かも?)。

どんどん増えるだろう「Safari 5」の機能拡張、今後がますます楽しみです。

便利な「機能拡張」をいくつかピックアップしておきます。

No More iTunes

iTunes Storeのリンクをクリックした際にiTunesが起動するのを防いで、iTunesプレビューの表示で止まる。

AutoPagerize

ページごとに分けられたWebページを自動で読み込み継ぎ足し表示を行うことができる。

Flickr Original

Flickrでオリジナルサイズの画像をダウンロード。

Safari PageRank

メニューバーにGoogleのページランクを表示。

Tweetie Share

開いているページのリンクをツイッターにツイート。

Echofon It

開いているページのリンクをEchofonにポスト。

YouTube5

YouTubeのFlashプレーヤーをHTML5に置き換える。

HTML Validator Extension

HTMLチェッカー。

Emoji for Safari

Safariで絵文字を表示する。

Instapaper Beyond

Instapaperをキーボードで操作することが可能に。

(via Mashable

スポンサードリンク

前へ

【仙台・福井】いしたに&コグレでツイッターセミナー開催【7/1, 10】

次へ

PDF版「できるポケット+ Evernote活用編」先行販売開始